ピノキオのトップ画像
「ピノキオ」は、2014年に公開された韓国ドラマで、歪曲報道によって家族を失ったっ少年が、記者となり事件の真相を暴くまでを描いたヒューマンドラマです。

本作の脚本は、大ヒットドラマ「君の声が聞こえる」のパク・ヘリョンが担当。

また「君の声が聞こえる」同様、本作でもイ・ジョンソクが主演を務めることが発表され、2人の再タッグに放送前から注目が集まりました。

放送後も、キャスト陣の演技、複雑に絡み合ったストーリー展開は多くの視聴者の心を掴むことに成功!

その勢いのまま、その年に開催された「百想芸術大賞」や「SBS演技大賞」などの賞レースでは、なんと作品賞などを5部門受賞し、4部門ノミネートされるほどの人気ぶりです。

最高のキャストとスタッフが送る極上のヒューマンドラマ!まだ見ていない方は、ぜひご自身の目でたしかめてください!

1話60分 ロマンスコメディ

「ピノキオ」の評価

Filmarks 4.1
TVログ 3.0
U-NEXT 4.5

U-NEXT で観る

動画配信サービス 視聴形態 月額料金
U-NEXT 見放題

2,189円(税込)

dTV 見放題

550円(税込)

TSUTAYA TV 見放題

1,026円(税込)

Amazonプライム・ビデオ 見放題

500円(税込)

FOD 見放題

976円(税込)

Hulu 見放題

1,026円(税込)

韓国ドラマ「ピノキオ」の動画を視聴できるVOD3選

まずは「ピノキオ」を視聴できる動画配信サービス(VOD)について紹介していきます。

現在「ピノキオ」を視聴できるのは、6つのVODです。

どのVODを使っても、実質無料で視聴できるため、ご自身が普段利用しているものを選んでみてください。

ただし、はじめてVODを利用される方や、乗り換えを検討している方は、迷ってしまうかもしれません。

そこで今回は、オススメのVODを3つに厳選したので、迷った方はぜひ参考にしてみてください!

U-NEXT

U-NEXT

月額料金

2,189円(税込)

無料お試し期間

初回31日間

視聴形態 見放題
音声切替 字幕

「ピノキオ」を視聴するなら、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは、月額2,189円で業界最多の20万本以上の動画が楽しめるサービス。

「ピノキオ」のような韓国ドラマの品揃えも豊富で、名作から最新作まで1,000本以上の作品が月額料金のみで楽しめます。

そんなU-NEXTでは、なんと実質無料で「ピノキオ」を楽しむ方法があります!

じつはU-NEXT、はじめて登録した方であれば、31日間のお試し期間を受けられるので、この期間に見終われば実質0円で視聴可能です。

当然お試し期間以降は、月額料金が発生するので、日付には注意してください。

「ピノキオ」以外の韓国ドラマも楽しみたい方は、ぜひU-NEXTを利用してみてください。

U-NEXT 公式サイトはこちらU-NEXT の詳細を見る

dTV

dTV

月額料金

550円(税込)

無料お試し期間

初回31日間

視聴形態 見放題
音声切替 字幕

次にオススメするのが、dTVです。

dTVは、月額500円で12万本以上の作品を楽しめる非常にコストパフォーマンスの高いサービスになっています。

dTVでは、「ピノキオ」などの韓国ドラマが楽しめるのはもちろんのこと。

今世界を席巻するK-POPアイドルのライブ映像やドキュメンタリーまでも楽しめます。

そんなdTVも、U-NEXT同様、初回登録に限り31日間のお試し期間があるので、期間内であれば「ピノキオ」を実質無料で楽しめます。

お試し期間を利用して、「ピノキオ」からライブ映像まで韓国のコンテンツを楽しみ尽くしてください!

dTV 公式サイトはこちらdTV の詳細を見る

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV

月額料金

1,026円(税込)

無料お試し期間

初回30日間

視聴形態 見放題
音声切替 字幕

最後にオススメするのがTSUTAYA TV

TSUTAYA TVは、月額1,026円で2万本以上の作品が楽しめるサービス。

「ピノキオ」のような旧作はもちろんのこと。

TSUTAYAが運営していることもあり、「彼はサイコメトラー」などの最新作が他のVODよりも早く配信されています!

そんなTSUTAYA TVも、他のVOD同様はじめて登録した方は、30日間のお試し期間が利用できるので、実質無料で「ピノキオ」を楽しめます。

旧作から最新作まで楽しみつくしたい方は、ぜひTSUTAYA TVを利用してみてください。

TSUTAYA TV 公式サイトはこちらTSUTAYA TV の詳細を見る

「ピノキオ」のあらすじ

父親がマスコミの歪曲報道に巻き込まれ、平穏な日常を失った少年ハミョン。

世間からの非難に耐えられなくなった母親は、ハミョンと心中すべく海に飛び込む。

しかしハミョンだけは、とある老人によって奇跡的に助けられた。

老人の家で新たな生活をはじめたハミョンは、父親を犯人扱いし、家族をバラバにしたマスコミへの憎悪を膨らませながら成長する。

心が荒んでいたハミョンだったが、老人の孫である少女イナとの会話が唯一心休まる時間だった。

そしてハミョンは、そんなイナへ次第に惹かれはじめていく。

ところがある日ハミョンは、イナの母親こそが、自分の家族を崩壊へ導いた歪曲報道の張本人だと知る。

イナへの恋心とイナの母親への憎悪で揺れ動きながらも、復讐への気持ちを抑えられなくなるハミョン。

10年後マスコミを憎悪していたハミョンは、なんと報道記者になっていた。

その裏には、歪曲報道の真実を明かしたいという思いと、同時にイナの母親への復讐のチャンスを伺いたいという思いがあり……。

ハミョンは、真実を見つけ、長年の恨みを晴らせるのか?
そしてハミョンとイナの恋模様は?

歪曲報道によって家族を失った少年が、真実を見つけるまでの物語が今はじまるー。

「ピノキオ」のキャラクター&相関図紹介

ピノキオの相関図
出典)公式サイト

登場人物
(俳優キャスト)
キャラクター
キ・ハミョン/
チェ・ダルポ
(イ・ジョンソク)
13年前に父親が歪曲報道によって汚名を着せられことがきっかけで、家族を失う。偶然ゴンピルと出会い、彼の養子として生きる道を選択する。歪曲報道の真相を突き止めようとしている。
チェ・イナ
(パク・シネ)
小さい頃からウソを付くとしゃっくりがでる「ピノキオ症候群」を患っている。祖父であるゴンピルの家で暮らし、同い年にもかかわらず、叔父にあたるハミョンと共に暮らしている。将来の夢は報道記者である。。
ソ・ボムジョ
(キム・ヨングァン)
新聞社MSCの新聞記者。裕福な家庭で育った青年。13年間イナのことが好きで、イナの背中を追うように自身も報道の世界に進む。
ユン・ユレ
(イ・ユビ)
新聞社YGNの新聞記者。記者になったきっかけは、有名人の追っかけができるという不純な動機。ボムジョの嘘がきっかけで、ダルポは自分のことが好きだと勘違いするようになる。
チェ・ゴンピル
(ピョン・ヒボン)
ダルポの父親であり、イナの祖父である。30年前に亡くなった長男ダルポとハミョンに重ねたことで、養子として育てることに決めた。ダルポと少しでも一緒にいるために、長生きしようとしている。
チェ・ダルピョン
(シン・ジョングン)
イナの父親。典型的な韓国の保守的なタイプ。彼は、記者としての野望を持っていたチャオクと常にケンカし、ついに離婚。娘イナを連れて、父親であるゴンピルのもとを訪れる。
ソン・チャオク
(ジン・ギョン)
新聞社MSCのアンカーにして、イナの母親。報道の立場から、情報操作を行い、ハミョンの家族を追い込むきっかけとなる。視聴者にニュースのインパクトを与えるために時には、大げさな演出をする。
キ・ギミョン
(ユン・ギュンサン)
ダルポの兄。13年前の事件によって失踪したと思われていた。トラックの運転手をしながら、孤独な生活を送っている。父親の汚名を晴らすため、秘密裏に動いている。

「ピノキオ」の感想と見どころ

「ピノキオ」は、大ヒットドラマ「君の声が聞こえる」でタッグを組んだ脚本家パク・ヘリョンと主演イ・ジョンソクの再タッグであり、放送前から注目を集めていました。

では、実際に視聴した方の評価はどうだったのでしょうか?

結論から言えば、評価の分かれる作品です。

大手口コミサイトFilmarks等では、星4.1(5点満点)を獲得しており、主演イ・ジョンソクさんとパク・シネさんのラブロマンスを称賛する声が多数でした。

しかし一方で、韓国ドラマ好きの方からの評価は、「惜しい」「あと一歩」と称される本作。

その最大の理由は、「ピノキオ症候群」という設定を活かしきれなかったことにあるでしょう。

本作では、パク・シネさん演じるイナは、嘘をつくとしゃっくりが出るという架空の病気「ピノキオ症候群」を患っています。

非常に目を引く設定ですが、本作では思ったよりも「ピノキオ症候群」の存在感が薄いです。

そのため、中途半端にファンタジー要素が入り、感情移入できないとの声がありました。

ただし逆に言えば、「ピノキオ症候群」以外は、魅力が詰まっている作品とも言えます。

私も、「ピノキオ症候群」の存在感はたしかに少し控えめだなと思いましたが、その他のストーリー展開は非常に満足度の高いものに感じました。

主演二人のラブロマンスはもちろんこと。

「報道とは?」という社会的なメッセージを盛り込まれていることで、脚本家の思いがびしびしと伝わります。

まだ見たことがない方は、ぜひどのような作品に仕上がっているのか、ご自身の目でたしかめてみてください。

【まとめ】「ピノキオ」を見るならTSUTAYA TV

ここまで「ピノキオ」について紹介しましたが、いかがでしたか?

マスコミの歪曲報道によって家族を失った少年が、記者として真実を見つけるまでを描いた本作。

「報道とは何か」という社会的なメッセージと、主演2人のラアブロマンスが融合した本作「ピノキオ」は、一度視聴すれば惹きつけられること間違いありません。

そして、もし今後「ピノキオ」を視聴するのであれが、ぜひU-NEXTを利用してみてください。

U-NEXTは、初回登録であれば31日間無料で利用できるため、期間内に視聴すれば実質0円で楽しめます!

2014年韓国で人気を博したドラマ「ピノキオ」、U-NEXTを利用して楽しんでください。