トッケビのトップ画像
トッケビと女子高生の切ない恋模様を描き、韓国で一大ブームを巻き起こしたファンタジードラマ「トッケビ」

そもそも「トッケビとは?」という疑問を持っている方が多いと思いのではないでしょうか。

「トッケビ」とは、韓国語で“鬼”を表します。

日本における“鬼”と言えば、角が生え・虎のパンツを履いているイメージですが、韓国では少し違います。

元は妖精や悪魔などさまざまな説があり、時代とともに変化し、具体的なイメージを持たない存在と考えられてきました。

これまで悪魔や妖精と考えられてきたトッケビでしたが、本作では優しく、イケているおじさんとして描かれます。

すると2017年本作の一大ブームにより、韓国の方は、トッケビを悪魔や妖精ではなく、本作の主演・コン・ユさんをイメージするようになりました。

何百年も続く昔話のイメージすらも、塗り替えてしまうほどの人気作品「トッケビ」がどんな作品か視聴したくなりませんか?

そこで今回は、「トッケビ」が視聴できる動画配信サービスについて紹介します。

動画配信サービス 無料お試し期間
U-NEXT

初回31日間

dTV

初回31日間

TSUTAYA TV

初回30日間

Hulu

初回14日間

FOD

初回14日間

「トッケビ」は、人気作品だけあって、5つの動画配信サービスで視聴可能です。

しかし、選択肢が多いと、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いことでしょう。

そこで今回は、オススメのサービスを2つ厳選して紹介します。

また記事の後半には、あらすじや見どころもあるので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

韓流ドラマ「トッケビ」が無料で視聴できるオススメ動画配信サービス

U-NEXT

U-NEXT

月額料金

2,189円

無料お試し期間

初回31日間

無料お試し条件

加入時にクレジットカード払いで登録

視聴可能な動画 全16話
「トッケビ召喚スペシャル」全2話

U-NEXTは、月額2,189円(税込)で18万本以上の作品が見放題に楽しめる、国内最大級の動画配信サービスです。

当然本作「トッケビ」も、見放題作品として楽しめます。

しかし「月額料金がかかるから、有料では?」と言いたくなるのではないでしょうか。

じつはU-NEXT、初回登録に限り、31日間の無料お試し期間が設けてあるので、はじめの月は月額料金がかかりません。

つまり「トッケビ」も、初回登録後、31日以内であれば実質無料で視聴可能です。

さらにU-NEXTは、「トッケビ」以外の韓流・アジアドラマを1,000本以上取り揃えています。

そのうちの9割の作品は、見放題作品なので、トッケビ視聴後も、31日間であれば無料でさまざまな作品を楽しめます。

当然31日間をすぎると月額料金は発生してしまいますが、今後も韓国ドラマを楽しみたい方は、継続して視聴するのもいいでしょう。

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXT 公式サイトはこちらU-NEXT の詳細を見る

dTV

dTV

月額料金

550円

無料お試し期間

初回31日間

無料お試し条件

初回加入者全員

視聴可能な動画 全16話
「トッケビ召喚スペシャル」全2話

携帯会社ドコモが運営するdTVは、月額550円(税込)で12万本の動画を楽しめるサービスになっています。

こちらもU-NEXT同様、初回登録に限り、31日間の無料お試し期間を受けられるので、登録して1ヶ月間は「トッケビ」を無料で楽しめます。

またdTVも、人気韓国ドラマの品揃えは豊富です。

お得な月額料金で豊富な作品を楽しめるので、今後継続的に利用するのもいいのではないでしょうか。

作品数が圧倒的なU-NEXTと、手軽な値段で楽しめるdTV、ご自身に合うサービスを選択して「トッケビ」を楽しんでくださいね。

※本作品の配信情報は2020年12月22日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については「dTVチャンネル」のホームページもしくはアプリをご確認ください。

dTV 公式サイトはこちらdTV の詳細を見る

900年越しの初恋!「トッケビ」のあらすじ

高麗時代に、武人として多くの功績を挙げ、英雄と崇められたキム・シン。

ところが王は、シンの活躍により自分の発言力が弱くなり、嫉妬心からシンを逆賊として殺してしまった。

一度息の絶えたシンだったが、神の力によって不滅の命を授けられ、「トッケビ」として生き返ることに…。

そんな彼が不滅の命から開放される方法は、たった一つ、トッケビの花嫁と出会うことだった。

花嫁を探すため、900年さまよい続けるも、出会えずにいたシン。

しかし900年経ったある日、自分こそがトッケビの花嫁だという高校生が、突如目の前に現れる。

彼女は幼い頃から、「トッケビの花嫁」と言われて育ってきた旨を語りだした。

突然の出来事に動揺しつつも、天真爛漫な花嫁と過ごすうちに、不滅の命から解き放たれることを望んでいた彼の心は揺らぎはじめることに…。

ところがそんな彼の前に、無情にも「運命」が立ちはだかる。

「花嫁との時間」・「不滅からの開放」両方を得ることはできないのだ。

数奇な運命に翻弄されるシンと花嫁。はたして二人が選択した未来とはー?

「トッケビ」のキャスト紹介

登場人物 俳優 キャラクター
トッケビ/キム・シン コン・ユ 不滅の命を授けられた高麗時代の武臣。
長らく自分の命を終わらせる、トッケビの花嫁を探している。
チ・ウンタク キム・ゴウン トッケビの花嫁として、この世に生をうけた。
トッケビを不滅の命から開放できる、唯一の人間。
死神 イ・ドンウク 死神。
手違いでキム・シンの同居人となる。
サニーに恋心を抱いている。
サニー ユ・インナ ウンタクのバイト先であるチキン店の店長。
死神に恋心を抱いている。
ユ・ドクファ ユク・ソンジェ キム・シンに古くから仕える家臣の末裔。
キム・シンや死神の面倒をみる。
ワン・ヨ キム・ミンジュ 高麗時代の王様。
キム・シンの活躍に腹を立て、殺害を命じる。
キム・ソン キム・ソヒョン キム・シンの妹。
ワン・ヨの后であった。
旦那と兄の間で常に揺れ続けた。
パク・チュンホン キム・ビョンチョル ワン・ヨの側近。
ワン・ヨをそそのかし、キム・シンを殺害するように計画した。

「トッケビ」各話ごとのあらすじ

あらすじとキャスト・相関図で、ある程度作品の概要がつかめたのではないでしょうか。

ここではさらに、各話ごとのあらすじについても紹介します。

より詳しいあらすじを読んで、トッケビに対するイメージを膨らませてください。

当然全16話についてあらすじがあるので、ネタバレを避けたい方は、注意が必要です。

個人的に、9話以降は、あらすじを読まずに視聴することをオススメします。

第1話:トッケビの花嫁

高麗時代、圧倒的な実力で武官として名を馳せていたキム・シン。

しかし王の嫉妬から、殺されてしまった。

シンは死ぬ間際だったが、神の力によって、不滅の命を宿したトッケビとしてこの世に復活する。

そんな彼が不滅から開放される唯一の方法は、トッケビの花嫁を探し出すこと。

しかし900年経っても一向に花嫁とは出会えない。

そんなある日、シンは一人の女子高生に呼び出されるのであった。

第2話:優しいウソ

女子高生によって、海辺に呼び出されたシン。

ウンタクと名乗る女子高生は、自分がトッケビの花嫁だと告げる。

シンはその言葉を聞き、動揺するも、信じられなかった。

しかしウンタクのとある行動が、シンの考え方を一変させることに!?

第3話:救出作戦

ウンタクが、借金取りに拉致された。

そんな危機的状況を救ったのは、シンと死神の二人だった。

無事にウンタクを助けだしたシンは、なぜ彼女が借金取りに追われていたのかドクファに調査させる。

するとウンタクの叔母に原因があるとがわかり、とある作戦をこっそりと開始することに…。

一方その頃、死神は、歩道橋でサニーという女性と出会う。

死神は、彼女を見た瞬間なぜか涙がとまらなくなり…。

第4話:胸に刺さる剣

ウンタクに、胸に刺さった大剣が見えると言われたシン。

その瞬間シンは、動揺した。

なぜなら、シンの胸に刺さった大剣が見えるのは、花嫁だけだからだ。

これまでウンタクが花嫁であることに半信半疑だったが、確信に変わった。

長年待ち望んだ、花嫁とついに出会えたにもかかわらず、なぜかシンの心は晴れず…。

第5話:芽生え始めた恋心

シンは、ウンタクに惹かれはじめていた。

それは不滅の命を終わらせる方法としてでなく、一人の女性としてだった。

ところがこの想いは、不滅の死を終わらせるシンにとっては不都合なものである。

そこで彼は、とある計画を開始することに…。

第6話:トッケビと死神の悩み

シンは未来をみた。

20年後、ウンタクの横にいるのは自分ではないことを悟ったのだ。

ついに決心のついたシンは、ウンタクに剣を抜くよう頼んだ。

しかし剣を抜く本当の意味を知らない彼女は、なぜそこまでして抜きたがるのか理由がわからないといい、保留にされた。

これでは気持ちが揺らいでしまうと感じたシンは、ウンタクを連れてとある場所にむかい…。

第7話:初恋

シンは決意を固め、ウンタクに剣を抜くように頼む。

ウンタクもしぶしぶ了解し、剣の柄を掴もうとするが、なぜか触れられない。

何度つかもうとしても、柄はウンタクの手をすり抜けてしまう。

シンは、不滅の命から開放されなかったにもかかわらず、どこか気持ちが晴れやかだった。

一方その頃、死神は何度かサニーと会う中で、徐々に彼女の事が好きになりはじめて…。

第8話:花嫁の証明

ついにウンタクは、シンの剣に触れられた。

突然のことに、シンは驚きと恐怖のあまりウンタクを突き飛ばしてしまう。

衝撃により気を失ったウンタクだが、シンの顔を見て、「花嫁であることが証明できてよかった」と伝えた。

しかしシンは、うまく返事をできず…。

第9話:行方不明

ウンタクは、死神からシンの剣を抜くとどうなるのかを聞いた。

この時彼女は深い悲しみに襲われた。

一つは、シンがこの世からいなくなってしまうこと。

そしてもう一つは、シンが、自分のことを死ぬための単なる手段だと思っていたことだ。

そして彼女は、シンの前から姿を消したのだった。

これを聞いたシンは、必死になってウンタクを探すが…。

第10話:掛け軸の女性

死神は、会話中サニーの手に触れた。

すると、その瞬間、猛烈な勢いで過去の記憶がフラッシュバックした。

そしてなぜか死神の記憶には、高麗時代のシンが写っており…。

一方シンもサニーと以前出会ったように感じ、サニーのことが気になるようになる。

第11話:兄妹の再会

シンは、サニーが、シンの妹が輪廻転生した姿であることを悟った。

その日以降シンは、何度もサニーのもとを訪れ、自分が前世で兄であったことを伝えようとする。

しかし前世で兄という突飛な発言にサニーは呆れ、まったく相手にされない。

シンが前世の妹と再会を喜んでいる時、再びシンとウンタクを襲う不気味な影が迫っていた。

第12話:神の問い

アルバイト中のウンタクは、これまでに見たことがない不気味な幽霊と出くわす。

その霊は、高麗時代キム・シンを死刑に追いやったパク・チュンホンの生霊だという。

そして、ウンタクに近づき、シン・死神・サニーの関係について語りはじめるのだった。

あまりにも現実味のない話に、半信半疑だったウンタクだが、シンのとある言葉を思い出し、急に不安になりはじめ…。

第13話:死神に与えられた罰

死神は、前世の記憶をすべて思い出した。

そしてその記憶には、シンやサニーとの関係が大きく関係しており、死神にとってあまりにも残酷な記憶であった…。

その頃パク・チュンホンは、再びシンやウンタクに近づこうとしていた。

第14話:忘却

900年に渡り悪霊としてさまよっていたパク・チュンホン。

チュンホンは、シンをおびき出すために幾度となく、ウンタクに接触をはかりはじめる。

このままでは、自分のせいでウンタクに危険が迫ると感じたシンは、チュンホンを葬ると決意した。

しかしその決断は、もう一つの決断をも含んでおり…。

第15話:思い出の地へ

剣を抜き、不滅の命から開放されたはずのシンは、なぜか再びウンタクの前に現れた。

しかし彼女はあの日以来、綺麗さっぱりシンのことを忘れていたのだ。

どうにかして、彼女に思いだしてほしかったシンは、彼女の後をつけるが、逆に怪しい人だと思われて…。

第16話:侘びしく燦爛たるトッケビ

シンのことを思い出したウンタク。

2人はこれまでの9年間を埋めるように、二人の時間を大切に過ごす。

そして、シンはウンタクにプロポーズをし、ずっと一緒にいることを誓う。

しかし、二人の幸せな時間は、とある事件をきっかけに…。

奇抜な設定がウリ!?「トッケビ」の見どころ

本作「トッケビ」の魅力は、奇抜な設定です。

メインストーリーは、900年におよぶ不滅の命を終わらせるため、さまよい続けたトッケビと、唯一不滅の命から開放できる力をもつ花嫁の姿を切なく描いています。

またサイドストーリーに関しても、死神が人間の女性との恋におち、住む世界が違うことを感じるラブストーリーが展開されます。

ここまで聞いて、「面白そう」「見たい」と思った方は、少ないのではないでしょうか。

馴染みのないトッケビという鬼、その花嫁、それに加えて死神まででてくるとなる、正直突飛な設定すぎて感情移入できないと感じますよね。

私自身視聴する前は、「ジブリ映画みたいな世界観を、実写で表現したら、安っぽくなるのでは」と思っていました。

しかし実際に視聴すると、突飛な設定に振り回されることはなく、安っぽさは感じません。

というよりも、トッケビと花嫁二人の深い愛を、より丁寧に描くために突飛な設定が用意されていたのだと感じさせてくれます。

とくに物語の後半(13話以降)では、この設定が織りなすストーリーによって、涙が止まりませんでした。

また奇抜な設定は、ストーリー展開だけでなく、ドラマ内の会話にも表れています。

それぞれがトッケビ・人間・死神という立場の違いにより生まれる会話は、非常にコミカルです。

食事をとる、洗濯物を畳むなどの日常の場面さえも3人の会話によって、思わずもう一度視聴したくなるような愛らしいシーンになっています。

これまで見たことのないような設定によって生まれる、珠玉のストーリー展開と小気味よい会話が魅了の「トッケビ」ぜひ楽しんでください。

【まとめ】「トッケビ」を見るならU-NEXT!

この記事を読んで、韓国のみならず、日本でも絶大な人気を誇った「トッケビ」を視聴したいと思った方は、U-NEXTで視聴しましょう。

記事でも紹介したように、U-NEXTをはじめて利用する方であれば、「トッケビ」が無料で視聴できます。

さらにU-NEXTでは、「トッケビ」以外にも900本以上の韓流・アジアドラマが見放題で視聴でき、韓流・アジアドラマ好きにはたまらにサービスになっています。

U-NEXTを利用して「トッケビ」を含む、韓流・アジアドラマをお得意に、楽しみ尽くしてください。

U-NEXT 公式サイトはこちらU-NEXT の詳細を見る