動画配信サービス TSUTAYA TV

TSUTAYA TV はその名前から分かる通り、大手レンタルビデオ店の TSUTAYA が提供する動画配信(VOD)サービスです。

まず注目したい点は、大手レンタルビデオショップだからこそできる最新作のリリースの早さ。

最新作が DVD やブルーレイのレンタルリリースと同じタイミングで配信されます。

Hulu など他の動画配信サービスでは最新作の配信がどうしても遅れがちになりますが、TSUTAYA TV ならその心配はありません。

また、TSUTAYA TV は2010年にアクトビラから独立し、以降単独のサービスとして展開されています。

TSUTAYA TV の特徴

料金体系 933円(税抜)~、一部作品個別課金
無料期間 初回30日間無料お試し期間
配信動画数 86,000本以上

最新作のリリースが速い

TSUTAYA が運営している動画配信サービスだけあって、TSUTAYA TV では最新作品がレンタルと同時にリリースされます。

他の動画配信サービスではどうしても最新作のリリースが遅れがちになりますので、このリリースの速さはTSUTAYA TV の大きな特徴の一つと言えるでしょう。

TSUTAYA TV 公式サイトへ

TSUTAYA TV の4つの月額料金プラン

TSUTAYA TV には3つの月額料金プランがあります。

どの月額料金プランも特徴的なサービス内容となっているので、しっかり確認した上で自分にあった月額料金プランを選びましょう。

1. 動画見放題プラン

「動画見放題プラン」は月額933円(税抜)で見放題対応表示のある一般・アダルト作品が見放題になり、さらに毎月個別課金用のポイントが1,080動画ポイント(1,080円相当)付与されます。

TSUTAYA TV では最新映画の個別金額が大体500円前後なので、実質新作映画が2本無料で見られるお得な月額料金プランとなっています。

また、初回加入時にこのプランを選択すると30日間の無料お試し期間を受けることができます。

2. 月額見放題フル(R18)プラン

プラン名的に、「動画見放題プラン」にアダルト要素が追加されたものかなと思われがちですが、全く別物です。

「月額見放題フル(R18)」は月額2,381円(税抜)で、月額見放題フル対応の表示のあるアダルト作品60,000本のみが見放題となっています。

「のみ」と表記したのは、言葉の通り「月額見放題フル(R18)プラン」で視聴できるのはアダルト作品のみで、「動画見放題プラン」で視聴できる通常の動画を視聴することができません。

「動画見放題プラン」でも1,000作品程度のアダルト作品が見放題対象となっているので、アダルト作品はちょっと見られればいいかなという人は「動画見放題プラン」で十分でしょう。

3. 定額ポイントプラン

「定額ポイントプラン」は毎月定額を支払うことで個別課金に使える動画ポイントが付与されていく月額料金プランです。

「定額ポイントプラン」には4つのコースが有り、毎月支払う定額によって付与されていくポイントも変わってきます。

コース 月額料金(税抜)
定額動画ポイント1,300 990円
定額動画ポイント2,600 1,980円
定額動画ポイント3,900 2,970円
定額動画ポイント5,200 3,960円

「定額ポイントプラン」は都度課金の支払いより20%お得なポイント付与となっているので、「動画見放題プラン」で視聴できる旧作には興味がなく、新作だけ観たい方にはこの定額ポイントプランをオススメします。

無料お試しの注意点

  • 「無料お試し期間の終了」タイミング

    開始から30日目を過ぎた時点、もしくは自分で有料サービス移行手続き(任意)をされた時点で終了します。
    また無料お試し期間終了までの日数は「マイページ」の「今月のプラン」で見ることができます。無料お試し期間の終了前の告知はありません。

TSUTAYA TV 公式サイトへ

TSUTAYA TV の配信ジャンルと機能

TSUTAYA TV の配信ジャンル

運営元が大手レンタルビデオサービス TSUTAYA なだけあって、洋画・邦画・アニメ・国内・韓流・海外ドラマと主要のジャンル以外にも、スポーツ・バライティ・音楽・アダルトなど広いジャンルの作品が取り揃えられています。

「スター・ウォーズ」や「ゴジラ」など各ジャンル有名どころはしっかりおさえれていますし、「海の上のピアニスト」など隠れた名作に出会うこともできるかもしれません。

そして何より注目したいのは、新作のリリースがレンタルと同時なのでとにかく早い点です。

これは他の主要動画配信サービスでもなかなか真似出来ない、TSUTAYA TV だからこそできる商法ですね。

おまけにレンタルと違って、こちらは動画なので外出する手間もなければ貸出中で借りれなかった、なんてことも当然ありません。

倍速再生に対応している

スマホやタブレットで TSUTAYA TV を視聴できるアプリ版では、他の動画配信サービスではあまり見られない動画を倍速再生できる機能がついています。

好みに合わせて0.5倍速から2倍速まで変更可能なので、最新作に合わせて旧作を予習する時や、時間がないけど話の流れは知っておきたいドラマがあるときなど、うまく視聴方法を切り替えていきましょう。

倍速のようにスピードの速い音声を聴き取ったりしていると、右脳が活性化して開発されていくのだとか…

これは英語のトレーニングにも有効で、有名な英語教材「スピードラーニング」もこの方法を取り入れているそうなので、興味のある方は洋画や海外ドラマでチャレンジしてみましょう。

あまり使いどころがなさそうな0.5倍速再生も、じっくり観たいシーンの視聴時や、洋画や海外ドラマの字幕版視聴の際に会話をゆっくり聞いてヒアリングの練習に利用したりと、地味ながらも役立つ機能ですね。

家族で利用する場合はペアレンタルロックを活用しよう

アダルト作品の視聴もできるので、子供が間違って年齢制限のある動画を視聴できないようにするペアレンタルロック設定が可能です。

アダルト作品が配信されているということは、男性には嬉しいことですが、ご家族で利用する場合はそうも言っていられません。

ペアレンタルロック設定でアダルトコンテンツの表示・非表示を切り替えることができるので、ご家族で利用する場合は必ず設定を切り替えておきましょう。

マルチデバイス対応

TSUTAYA TV は1アカウントに5台まで使用端末が登録できるマルチデバイス対応です。

移動中はスマホやタブレット、家ではPCやテレビなど、視聴デバイスをうまく使い分けて楽しい動画ライフを満喫しましょう。

ただし、残念ながら TSUTAYA TV はマルチデバイス対応ですが、別々の端末で動画を同時に視聴する同時再生には対応していません。

家族での共有を考えるなら、やはり4アカウント作成できて同時視聴もできる U-NEXT が有力となってきますね。

TSUTAYA TV 公式サイトへ

TSUTAYA TV の有料動画の「レンタル」と「購入」の違い

上の画像を見ると分かるように、TSUTAYA TV の有料動画には「レンタル」「購入」の2つの選択肢があります。

「レンタル」というのは、有料動画に課金して一定期間視聴権限を得ることができるもの。

これは他の VOD サービスでもよくある、いわゆる個別課金の事を指しています。

また、動画のレンタルの際には動画見放題プランで付与される動画ポイントが使用できます。

続いて「購入」についてですが、値段もレンタルと比べて5倍もするし、一体何なんだろう?と思った人も多いと思います。

実はこれ「購入」と言っても商品が手元に届くというわけではなく、購入することでその有料動画がずっと見放題になるのです。

簡単に説明すると、「レンタル」は課金してから48時間が視聴期限があるのに対し、「購入」は視聴期限なく見放題になるというもの。

何度も見直したいお気に入りの作品が購入対応動画なら、購入してずっと視聴できるようにするのもオススメです。

TSUTAYA TV 動画の料金表

レンタル料金 購入料金
HD画質 新作200円~
旧作200円~
新作2,100円~
旧作1,000円~
SD画質 新作200円~
旧作200円~
新作2,000円~
旧作1,000円~

TSUTAYA TV 公式サイトへ

TSUTAYA TV の再生方法と画質

再生方法は「ストリーミング再生」と「ダウンロード再生」の2種類

「ストリーミング再生」とは、ネットワーク経由で動画をダウンロードしながら再生する方法で、視聴している場所や通信速度によっては映像が途切れたり止まったり、動画がカクカクしたりすることもあります。

TSUTAYA TV の公式が推奨する回線速度

  • テレビ・レコーダー(レンタル、ストリーミング)
    実行速度8Mbps以上
  • PC(レンタル、ストリーミング)
    実行速度3Mbps以上

「ダウンロード再生」とは、あらかじめ動画を端末の内蔵メモリやSDカードに保存しておいて、外出時などの通信環境が悪い場所でも関係なくオフライン再生で動画を視聴できる方法です。

ダウンロード再生なら、端末に動画のデータが全て保存されるので、電波の届かない場所でも動画を視聴することができます。

また、動画をダウンロードする時は通信速度によって時間がかかったり、通信が途切れてダウンロードエラーが発生したりする場合があるので、wifi 環境下など回線速度のいい場所で動画をダウンロードしましょう。

画質は「HD 画質」と「SD 画質」の2種類

TSUTAYA TV の画質は「HD 画質」と「SD 画質」の2種類ですが、基本的には自分で画質の変更はできず、テレビ以外での端末で再生する時は全て SD 画質で再生されます。

TV で動画を視聴する際も SD 画質で再生される場合がありますが、それは不具合ではなく回線速度の低下によって自動的に SD 画質に切り替わって再生されているだけという場合があります。

また、動画を個別レンタルする場合も、HD 画質と SD 画質のどちらかを選べるものの、スマホや PC で再生する場合はやはり SD 画質で再生されるのでご注意ください。

TSUTAYA TV 公式サイトへ

TSUTAYA TV の支払い方法

支払い方法は、クレジットカード・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払が可能となっています。

クレジットカード決済

TSUTAYA TV の支払いで使用できるカード
  • VISA
  • MASTER
  • JCB
  • AMEX
TSUTAYA TV の支払いで使用できないカード
  • デビットカード
  • 海外で発行されたクレジットカード
  • Vプリカ

クレジットカードの登録が必要ない携帯電話のキャリア決済が可能です。
※クレジットカード不要で登録できるものの、利用規約で18歳未満の方は会員登録できないようになっているのでご注意ください。

また、TSUTAYA TV では、全国のデパートやコンビニ、ガソリンスタンドなどで使える便利な T ポイントカードを利用することができます。

初回登録時に T カードの番号を登録しておくと、T ポイントを貯めることもできて、T ポイントで支払いもできるようになるので非常に便利です。
※ Tポイントが使えるのは単品レンタル、コミックレンタル、動画配信、音楽配信の支払い時に限ります。

Tポイントカードをお持ちの方は初回登録時に必ず T カード番号を登録しておきましょう。

TSUTAYA TV 公式サイトへ

TSUTAYA TV のメリット・デメリット

TSUTAYA TV メリット

  • 運営元が大手レンタルショップなので、新作のリリースが非常に早い。

    話題の最新作が DVD やブルーレイのレンタルと同時にリリースされるので、新作メインの人でも満足できるようになっています。

  • 「動画見放題」プランでもアダルト作品が見れるので、アダルト目的でも家族や知人にバレにくい。

    今では誰もが知ってる大手レンタルビデオショップ TSUTAYA のサービスなので、アダルト目的でも周りに感づかれることなく気軽に利用できます。

  • 見放題プランは毎月1,080ポイント付与されるので、新作が2本ほど実質無料で視聴ができる。
  • ダウンロード再生が可能なので、外でも気軽に動画を視聴できる。

TSUTAYA TV デメリット

  • 公式ページが全体的に分かりにくい。

    実際見て頂ければ分かると思いますが、とにかく公式ページが非常に見づらく、どこに探している情報が載っているのか分かりにくいのです。

    ページごとのドメインもバラバラで、レイアウトも全く違うページがいくつもあり、本当に同じサービスのサイトを見ているのか分からなくなってしまいます。
    多数ある月額料金プランもごちゃごちゃしていて、月額料金プランの内容を理解するのにすごく時間がかかってしまう場合も多々あります。

    とにかく公式ページが使いづらく分かりにくいので、動画の検索に手間取ったり、解約したくてもできず、退会手続きや料金によるトラブルが発生しやすい問題があるようです。

    不具合や解約など、どうしても急ぎの用件がある場合はカスタマーセンターに直接電話で問い合わせてみるといいでしょう。

  • 画質がちょっと悪い。

    画質は SD 画質と HD 画質の2種類になりますが、HD 画質はまだ数が少なく、TSUTAYA TV では SD 画質が主流となっています。
    残念ですが、画質に関しては U-NEXT などの他の VOD サービスと比較すると少し劣ると言えるでしょう。

  • 公式ページや動画が重い。

    TSUTAYA側のサーバーが弱いのか、サイトや動画が重くてなかなか表示されないという話をよく耳にします。
    動画を視聴していて同じ場所で何度もフリーズする時は、日を改めて視聴すると解消されることもあるので試してみましょう。

  • 動画の同時視聴ができない。

    せっかくマルチデバイスに対応しているものの、動画の同時視聴に対応していないのはデメリットと言えるでしょう。

  • 18歳未満は登録することができない。

    アダルト動画を取り扱っているので18歳未満の登録制限がかかっているのでしょう。
    18歳未満でどうしても利用したい方は、両親に頼んで両親名義で登録するといいでしょう。

  • 「動画見放題」プランで、無料で見られる動画の本数が少ない。

    どの VOD サービスでも言えることですが、動画見放題 + PPV 形態だとどうしても見放題対応の動画が少なくなります。

TSUTAYA TV の対応機種・デバイス(対応端末)

TSUTAYA TV を視聴できる端末(デバイス)は以下の表に記載された種類になります。

※テレビやPC、スマホという主要デバイスには対応していますが、残念ながらゲーム機での再生には対応していません。

テレビ
メディアプレーヤー
TOSHIBA REGZA(レグザ)
SHARP AQUOS(アクオス)
HITACHI Wooo(ウー!)
Panasonic VIERA(ビエラ)
SONY BRAVIA(ブラビア)
MITSUBISHI REAL(リアル)
船井電機株式会社 FUNAI
BUFFALO LinkTheater(リンクシアター)
Smart TV
Smart TV Monitor
DX BROADTECH
iV(アイヴィ)レコーダー
iV(アイヴィ)ハードディスクレコーダー
ネットワークメディアプレーヤー AVeL Link Player
スマホ
タブレット
iOS 7.0以上のiPhone、iPad
Android OS 2.3以上のスマートフォン、タブレット
パソコン(Windows) OS:
Microsoft Windows 7以降

ブラウザ:
Internet Exploler 9.0以上
FireFox 最新版
Chrome 最新版
Edge

パソコン(Mac) OS:
Mac OS

ブラウザ:
Safari 8以上
FireFox 最新版
Chrome 最新版
※MacOS Airplayは動画再生に対応しておりません。

TSUTAYA TV 公式サイトへ