洋画VOD6社比較ランキング

洋画と言えば動画配信(VOD)サービスの人気ジャンルの一つ!

洋画を見たい人におすすめな、洋画が見放題の動画配信サービス比較ランキングをご紹介します!!

洋画が見放題で評判のおすすめ動画配信(VOD)サービス比較ランキング!

洋画と言えば、動画配信サービスの中でもメインの一つとも言える重要なジャンルですよね。

特に最近の洋画はハリウッドの大迫力アクションシーンや本物と見間違えるほどの CG 技術駆使したファンタジー超大作、他にも恋愛・ホラー・コメディと、どのジャンルもどんどん進化して視聴者を夢中にさせています。

そんなハイクオリティな洋画を、映画館だけではなく気軽に家でも楽しみたいという方は多いはず!

もちろん最新作だけでなく、往年の名作と呼ばれたあの作品が観たいと思う人も楽しめる、洋画がおすすめな動画配信サービスを比較してランキング形式にまとめてみました!

ここでご紹介する動画配信サービスは、当然公式に動画を配信しているサイトばかりなので安心して視聴することができます。

下手に怪しいサイトで洋画を無料で見たりすると画質が悪い上にウイルスにかかる危険もありますし、何より著作権法違反で罪に問われることもあります。

なので、しっかりとお金を払って動画配信サービスに契約し、安全に動画を楽しみましょう!

※このランキングに掲載されている動画数は2017年11月時点ものです。

1位 U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT は新作の洋画がいち早く動画化!配信数が評判の家族で楽しめる動画配信サービス!

U-NEXT

料金形態 1,990円(税抜)、一部個別課金
配信動画数 120,000本以上
洋画の配信数 約2,800本
無料お試し期間 31日間の無料お試し期間あり
ダウンロード再生
(オフライン再生)

U-NEXT と言えば、配信動画数の多さが特徴の動画配信サービスです。

もちろん洋画の配信数も他の動画配信サービスよりも多く、作品種類も豊富と、まさに「洋画を見たいならここが一番おすすめ」と言える動画配信サービスでしょう。

U-NEXT で配信されている作品はスター・ウォーズやハリー・ポッター、パイレーツ・オブ・カリビアンなど、誰もが知ってる日本でも大ヒットした名作タイトルをしっかり配信。

映画ファンもそうでない方も楽しめるラインナップとなっています。

さらにミニオンズやトイ・ストーリーなどの子供と一緒に楽しめる映画もあるので、家族で楽しむこともできる点も注目ですね。

検索機能も、ドラマ・アクション・SF・アドベンチャー・コメディ・ホラーなどのジャンル検索が可能で便利。

スマホ専用のアプリを使えば、あらかじめ動画をダウンロードすることで通信環境の悪い場所でも通信量を気にせずオフライン再生で動画を楽しめるなど、システム面でも非常に優れています!

U-NEXT 公式サイトを見るU-NEXT の詳細を見る

2位 dTV(ディーティービー)

dTV は格安の月額料金と洋画などの動画コンテンツの配信量が特徴の動画配信サービス!

dTV

料金形態 500円(税抜)、一部個別課金
配信動画数 120,000本以上
洋画の配信数 約1,940本
無料お試し期間 31日間の無料お試し期間あり
ダウンロード再生
(オフライン再生)

dTV はドコモが運営する動画配信サービスで、月額料金500円という安さで120,000本以上の動画が配信されているのが最大の特徴です。

配信されている洋画のラインナップはバイオハザードやトランスフォーマーなどの、他の動画配信サービスでも配信されているような作品が多いですが、逆に言えばそれはメジャーで話題になった作品が多いということになります。

これと言った目玉の洋画作品はあまりありませんが、500円という月額料金の安さを考えればこの洋画の配信数は破格と言えるのでおすすめです!

動画の検索方法も、ジャンル別検索方法以外にも「大ヒット作」「イチオシ!!傑作集」「不朽の名作」などのカテゴリ分けをしたユニークな検索ができ、まだ知らない名作映画と出会うこともできるかもしれません!

dTV 公式サイトを見るdTV の詳細を見る

3位 Hulu(フールー)

洋画などの海外作品の動画はHuluが強い、洋画見放題の動画配信サービス!

Hulu

料金形態 933円(税抜)
配信動画数 40,000本以上
洋画の配信数 約800本
無料お試し期間 2週間の無料お試し期間あり
ダウンロード再生
(オフライン再生)
×

Huluはアメリカの大手メディア数社が共同出資で運営する動画配信サービスなだけあって、洋画や海外ドラマなどの海外作品のラインナップが充実しています!

旧作がメインで作品数はやや少なく感じますが、マーベル作品などのアクションやソウシリーズなどのホラーのジャンルはかなり充実しています。

Huluは他の動画配信サービスとは違い、月額料金だけで配信されている動画が全て見放題だったり、海外作品のほとんどは字幕表示や吹替版が用意されていたりと、洋画を楽しむための環境がしっかり整えられています!

さらに、他では珍しい英語字幕表示なんて変わった機能も用意されているので、英語音声と合わせて使えば英語学習にも最適です!

Hulu 公式サイトを見るHulu の詳細を見る

4位 TSUTAYA TV

TSUTAYAが運営しているので他にはない洋画も配信されている!

TSUTAYA TV

料金形態 933円(税抜)、一部個別課金
配信動画数 86,000本以上
洋画の配信数 約640本
無料お試し期間 30日間の無料お試し期間あり
ダウンロード再生
(オフライン再生)

TSUTAYA TV の洋画の最新作は個別課金が必要なもののDVDやブルーレイのレンタルと同時に配信されるので、レンタルショップへ借りに行くよりも早くて便利です。

また、見放題作品に関しては配信数がやや少なく旧作メインで配信されていますが、他の動画配信サービスではあまり配信されていないタイトルも配信されていたりするので、洋画ファンの方は要チェックです。

スマホの専用アプリを使えば外出中も好きな洋画を見ることができ、ダウンロード再生にも対応しているので、事前に見たい動画をダウンロードしておけば通信量を気にすることもありません。

個別課金のレンタルではなく動画を購入することもできるので、気に入った作品があれば購入することによって何時でも何回でも見直すこともできて大変便利です。

もちろん動画のデータだけを購入する形になるので、実際にパッケージ版を購入するよりも多少安く手に入るのも嬉しいところですね。

TSUTAYA TV 公式サイトを見るTSUTAYA TV の詳細を見る

5位 auビデオパス

au ビデオパスは家でも映画館でも洋画を楽しめる動画配信サービス!

ビデオパス

料金形態 562円(税抜)、一部個別課金
配信動画数 10,000本以上
洋画の配信数 約200本
無料お試し期間 30日間の無料お試し期間あり
ダウンロード再生
(オフライン再生)

au ビデオパスの特徴は、月額料金の安さとダウンロード再生に対応しているというメリットと、月額料金の安さに比例している配信数の少なさというデメリットでしょう。

配信されている洋画はレンタルビデオショップでいう準新作クラスの作品が揃っていて、スター・ウォーズやファンタスティックビースト、バイオハザードやスパイダーマンなどの、映画に詳しくない人でも名前を聞いたことがあるようなラインナップが揃っています。

また、会員特典に映画館での割引キャンペーンがあり、映画館で最新作の洋画を見るには非常にお得と、他の動画配信サービスとはちょっと違った楽しみ方ができます!

よく映画館に映画を見に行きながらも、家でもレンタルビデオなどをよく利用していて、なおかつ au のキャリアユーザーであるという人にはおすすめの動画配信サービスといえますね。

ビデオパス 公式サイトを見るビデオパス の詳細を見る

6位 FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビオンデマンドが配信する洋画の独特なラインナップに注目?

FOD

料金形態 888円(税抜)、一部個別課金
配信動画数 22,000本以上
洋画の配信数 約320本
無料お試し期間 1ヶ月間の無料お試し期間あり(条件あり)
ダウンロード再生
(オフライン再生)
×

FODはフジテレビで放送された番組がメインの動画配信サービスのため、配信されている洋画の数はかなり少なめです。

配信数は少なく、話題になった準新作クラスの洋画や誰もが知っているような旧作がそこそこ配信されている程度で、大半がマイナーな映画といった印象でした。

やはりフジテレビオンデマンドのメインは国内ドラマなので、洋画メインで動画配信サービスを探しているという人は他のサービスを選んだほうがいいでしょう。

FOD 公式サイトを見るFOD の詳細を見る