ソニック・ザ・ムービーのTOP

あの、SEGAのマスコットキャラクターでおなじみ“ソニック”が海外実写映画化!

映画化された「ソニック・ザ・ムービー」は、ソニックが誕生するまでのエピソード0のような作品で、現在以下の動画配信サービスで配信されています。

動画配信サービス レンタル料 レンタル期間
TSUTAYA TV 550円
(初回登録をすると0円!)
2021年9月1日
※動画再生後は48時間
U-NEXT 550円
(初回登録をすると0円!)
48時間
Amazonプライム・ビデオ 399円 30日間
※動画再生後は48時間
dTV 440円 30日間
※動画再生後は48時間

この作品は、ソニックがゲームキャラクターとして誕生したときから知っている世代には、たまらない作品!

ただこの作品、あることで少々物議をかもしました……。

それは、ソニックの声!

じつはこの作品に登場するソニックは、長年ソニックの声優を担当してきた金丸淳一氏ではなく、俳優の中川大志氏が吹き替えを務めているのです!

これはファンだけでなく、声優である金丸淳一氏をも裏切る行為……。

ですが実際に映画を見てみると、中川大志は、ソニックを想像以上のクオリティに仕上げていました!

今回は、映画「ソニック・ザ・ムービー」を視聴できる動画配信サービスと作品内容の紹介、そしてソニックの声について評価していきます。

無料で見よう!映画「ソニック・ザ・ムービー」を無料視聴できる動画配信サービス

誰もが知るあの“ソニック”が映画化したということもあり、海外映画でありながら、日本の動画配信サービス会社の多くが「ソニック・ザ・ムービー」を配信しています。

ただし、どこの動画配信サービスでも、「ソニック・ザ・ムービー」は有料です。サービスを利用して視聴するわけですから、有料なのは当然といえば当然ですね……。

ですがその中でU-NEXTTSUTAYA TVは、無料で視聴できます!

今から、U-NEXTとTSUTAYA TVの各サービスと、無料で視聴する方法について紹介するので、利用しやすいものを選んで「ソニック・ザ・ムービー」を視聴してみてください。

U-NEXT

U-NEXT

レンタル料 550円(税込)
(初回登録をすると0円!)
レンタル期間 48時間
レンタル条件 月額会員登録
音声 字幕・吹替

U-NEXTは、月額定額制のVODの中で、一番の動画配信数を誇る会社です。

配信されている動画には、定額料金のみで視聴できる「見放題作品」と、追加課金が必要な「ポイント作品」の2種類があります。

「ソニック・ザ・ムービー」はポイント作品にあたるため、作品を視聴するには、通常なら月額料金2,189円に加えてレンタル料金550円が必要です。

ですが、U-NEXTをはじめて登録する人に限り、お得な2つの特典がつくため無料で視聴できます。

U-NEXT初回登録者限定の2つの特典

  1. 登録日から31日間無料
  2. U-NEXT内で利用できる600円分のポイント付与

まず登録から31日間は、U-NEXTを無料で利用できます。

さらに登録時に、600円分のポイントが付与されるので、ポイントを利用すれば550円のレンタル料金もかかりません。

つまり、「ソニック・ザ・ムービー」の視聴にかかるお金は0円!

もちろん、登録から31日を過ぎたら月額料金が発生しますし、他のポイント作品を見るならレンタル料金が必要になるので注意してください。

U-NEXT 公式サイトを見るU-NEXT の詳細を見る

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV

レンタル料 550円(税込)
(初回登録をすると0円!)
レンタル期間 2021年9月1日
※動画視聴後は48時間
レンタル条件 ・TSUTAYA TVに会員登録
・Yahooアカウントでログイン
音声 字幕・吹替

TSUTAYA TVは、DVDレンタルショップのTSUTAYAが運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TVもU-NEXTと同じように、初回登録者限定で付与される特典を利用すれば、「ソニック・ザ・ムービー」を無料視聴できます。

TSUTAYA TV初回登録者限定の2つの特典

  1. 登録日から30日間無料
  2. U-NEXT内で利用できる1,100円分のポイント付与

ただしTSUTAYA TVの場合は、U-NEXTに比べて多くのポイントが付与されるので、「ソニック・ザ・ムービー」以外にも見たい作品を視聴できるでしょう。

「ソニック・ザ・ムービー」に加えて、他にも見たかった有料作品があるなら、TSUTAYA TVを利用してみてください。

TSUTAYA TV 公式サイトを見るTSUTAYA TV の詳細を見る

「ソニック・ザ・ムービー」を安く視聴できる動画配信サービス

「ソニック・ザ・ムービー」を見るなら、無料で視聴できるU-NEXTやTSUTAYA TVがオススメです。

ですがすでに紹介したように、U-NEXTやTSUTAYA TVで無料視聴できるのは、サービスをはじめて利用する人のみ。

過去に一度でもU-NEXTやTSUTAYA TVを利用した人は、各社が定める月額料金に加えて、レンタル料金を支払わなければなりません……。

そこでここからは、有料ではありますが「ソニック・ザ・ムービー」を安くお得に視聴できる動画配信サービスについて紹介していきます。

「ソニック・ザ・ムービー」を無料で視聴する機会を逃してしまった方は、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライムビデオ

レンタル料 399円(税込)
レンタル期間 30日間
※動画視聴後は48時間
レンタル条件 Amazonのアカウント取得
音声 字幕または吹替

Amazonプライム・ビデオは、皆さんご存知Amazonが提供する動画配信サービスです。

最近では、テレビCMでもよく見かけるので、すでに知っている方も多いかと思います。

プライム・ビデオは、Amazonのアカウントを持っていれば、「ソニック・ザ・ムービー」をすぐにレンタルできるので、慣れていない方でも利用しやすいでしょう。

ただしプライム・ビデオで配信されている「ソニック・ザ・ムービー」は、音声切替ができないので注意してください。

レンタル購入時に「字幕」または「吹替」を選択する仕様になっており購入後は音声切替ができません。

そのため、字幕と吹替の両方見たい方は、作品を2本分購入する必要があります。

作品を何度も購入するのはもったいないですから、もしAmazonプライム・ビデオを利用するなら、どちらの音声で視聴するか決めてから利用するようにしましょう。

Amazonプライム ビデオ 公式サイトを見るAmazonプライム ビデオ の詳細を見る

dTV

dTV

レンタル料 440円(税込)
レンタル期間 30日間
※動画視聴後は48時間
レンタル条件 dTVのアカウント取得
音声 字幕・吹替

dTVは、NTTドコモが運営する動画配信サービスです。

dTVを利用して「ソニック・ザ・ムービー」を視聴する場合、通常なら、月額料金550円と作品レンタル料440円が必要になります。

ただし今なら、dTVをはじめて利用する人に限り、登録日から31日間は月額料金が無料なので、実質440円で作品を視聴できるでしょう。

またdTVは、ドコモのサービスを利用して貯まるdポイントを利用して、レンタル作品を購入することもできます。

利用するポイント量によっては「ソニック・ザ・ムービー」を0円で視聴できるので、ドコモユーザーの方や、dポイントを貯めている方は、dTVの利用がオススメです!

dTV 公式サイトを見るdTV の詳細を見る

ソニック誕生!「ソニック・ザ・ムービー」のあらすじ

宇宙のとある惑星のとある島で、平和に暮らしていたソニック。

ある日ソニックは、自身がもつ“スーパーパワー”を狙う敵に追われて、地球に逃げ込んだ……。

それから10年、ソニックは地球で平和な日々を送っていた。

だがそれは、決して楽しいものではなかった。

再び敵に追われるリスクを避けるため、地球人に見られないよう静かな生活を送っていたソニックは、孤独だったのだ。

そんな退屈な日々を送っていた時、人懐っこいソニックは、ひとりぼっちの自分に耐えきれず、ある日スーパーパワーを爆発させてしまう。

爆発によりソニックの存在に気づいた地球人は、ソニックの存在を恐れて、とある科学者にソニックの駆除を依頼する。

その科学者の名は、ドクター・ロボトニック。

彼は残忍な悪の天才科学者で、ソニックを科学研究の材料に利用しようとしていた。

ソニックは、ロボトニックから逃げるため保安官のトムに助けを求めたが、そこである事件が起きてしまう……!

はたして、ソニックはドクター・ロボトニックから逃げ切れるのか?

ネタバレ注意!「ソニック・ザ・ムービー」のより詳しい作品内容

※ここからは、「ソニック・ザ・ムービー」の全容がわかってしまうネタバレを含みます。
作品についての詳細を知りたくない方は、画面を閉じるか、次に紹介するキャストとキャラクターまでスクロールしてください。

ある惑星のある島。

そこに、青いハリネズミの子どもソニックがいた。

ソニックは特殊なハリネズミで、自分のもつ“スーパーパワー”をエネルギーに、音速より早く走ることができる。

“スーパーパワー”は宇宙でも珍しく、ソニックはたびたび敵に襲われることも……。

しかし、ご自慢のスピードをもってすれば敵を振り切ることも、ソニックには朝飯前だった。

だがある日、ソニックのスピードでも振り切れないほど多くの敵に囲まれてしまう。

育ての親であるロングクローはソニックを守るため、“リング”と呼ばれる通り抜けタイプのワープ装置を使い、ソニックを地球にワープさせる。

そして、ソニックが再び敵に襲われてもワープして逃げられるよう、リングがたくさん入った巾着袋をソニックにもたせ、ロングクローは儚く散った……。

それから10年、アメリカのグリーンヒルズ。

大きくなったソニックは、敵に狙われることもなく平和に暮らしていた。

だが孤独だった。

ロングクローを失い、再び敵に襲われないよう人間に気づかれない生活を送っていたからだ。

唯一の楽しみは、大好きなグリーンヒルズの人間を観察すること。

だが、人間を見ているだけの孤独な生活は、ソニックの寂しさをつのらせる一方だった。

そしてある日、あまりの寂しさから、ソニックのもつ“スーパーパワー”が爆発してしまう。

スーパーパワーは波のように広がり、アメリカのほとんどの電力をショートさせてしまった。

アメリカ政府は、この大規模な停電を宇宙テロだと思い、対策としてある専門家に停電の原因を捜索させる。

その専門家とは、悪の天才科学者ドクター・ロボトニック(エッグマン)。

傲慢なロボトニックは、停電した原因が地球外生命体によるものだとすぐに突き止め、追跡を開始する。

ソニックは、自分が追われていることに気づき、捕まる前にリングを利用して他の惑星に移動しようと動き出す。

しかし、グリーンヒルズを恋しく思い、ソニックは他の惑星へ逃げることに躊躇してしまう。

そこでソニックは、グリーンヒルズの保安官であるトムに助けを求めようと決心する。

だがソニックは、トムに自分の存在を受け入れてもらえるか心配だった。

案の定トムは、言葉を話す青いハリネズミを見て大パニック!

パニックのあまり、トムはソニックめがけてクマ用の麻酔銃を撃ってしまう。

撃たれたソニックは意識がもうろうとし、手に持っていたリングを床に落としてしまい、床に通り抜けの穴が開いてしまった。

リングの移動先は、トムのTシャツに描かれているサンフランシスコ上空。(リングの移動先はソニックが頭の中でイメージした先だった)

麻酔の効いたソニックは意識を失う直前、サンフランシスコ上空へとつづく穴に、リングが入った巾着袋を落としてしまう。

目が覚めたソニックは、サンフランシスコにリングを落としたことに気づき、自分をサンフランシスコへ連れて行くようトムに頼んだ。

ロボトニックに狙われていると聞いて、協力を渋ったトムだったが、ソニックがリングを失ったのは自分の責任でもあると判断しソニックに協力する。

ソニックとトムは、サンフランシスコへ向かう途中でロボトニックに命を狙われながらケンカするも、なんとか乗り越えて友情を深めていった。

そして、サンフランシスコに到着。

無事にリングを回収したソニックだったが、ドクター・ロボトニックに追い詰められることに……。

ソニックは、リングを使ってトムをグリーンヒルズに逃し、ロボトニックと対峙した。

ソニックもリングを使いながら逃げ回ったが、グリーンヒルズに戻ってきたところで、ついにロボトニックの攻撃を受けて傷を負う。

トムは、傷ついたソニックを助けるために駆けつけるも、トムもまたロボトニックの攻撃を受けてしまった。

人外の自分を受け入れてくれた友人が傷つく様子を見たソニックは、トムとグリーンヒルズを守るため、再びスーパーパワーを爆発させロボトニックを撃退。

そしてリングを使い、ロボトニックをはるか遠くの惑星にワープさせ、グリーンヒルズは平穏を取り戻した。

ソニックは、大好きな地球のグリーンヒルズにとどまり、隠れて過ごすことなくトムと共に過ごすことにしたのだった。

映画「ソニック・ザ・ムービー」のキャストと相関図

ソニック・ザ・ムービーの相関図

登場人物 キャスト 声優 キャラクター
ソニック ベン・シュワルツ 中川大志 おしゃべりでお調子者の電気ハリネズミ。
余計なおしゃべりと強すぎる好奇心のせいで、たびたびドーナツキングに叱られる。
ドクター・ロボトニック ジム・キャリー 山寺宏一 自分に酔っているマッドサイエンティスト。
唯一の友達は自分で作ったメカ。
口癖は「この役立たず!」
トム ジェームズ・マースデン 中村悠一 グリーンヒルズの住人から愛されている保安官。(通称:ドーナツキング)
街のことは好きだが、保安官としてのやりがいを感じられず退屈している。
マディ ティカ・サンプター 井上麻里奈 トムの彼女。(通称:プレッツェル夫人)
動物相手になら誰にでも優しい獣医。(人間含む)

金丸淳一が泣いた!?「ソニック・ザ・ムービー」の声優評価と見どころ

記事の冒頭にも紹介したように、「ソニック・ザ・ムービー」に出てくるソニックは、金丸淳一氏ではありません。

この映画の日本語版吹き替えキャストが公開された当時、ソニックの声を20年以上努めた金丸淳一氏は非常に落ち込んだようです。

リアルライブによると、金丸淳一氏はTwitterで以下のように呟いていたそうです。

「少なくともここまで20年間に渡り築き上げてきたキャラクターへの情熱と愛と努力は神様はご存じなはずだから…。僕は誇りをもち続けます」

「声優って…なんだろ その役に人気が出ると、その未来は、いとも簡単にさらわれてゆくの?」

現在、金丸淳一氏の当時のツイートは消されているようですが、相当辛かったのだと思います。

そして金丸淳一氏に代わり、ソニックの吹き替えを担当したのが、俳優の中川大志氏。

金丸淳一氏が声優を降ろされ、SNS上で炎上しましたから、中川大志氏も責任の重大さを感じたかと思います。

そのせいもあってか中川大志氏演じるソニックは、声優顔負けのクオリティに!

もちろん声はまったく違うのですが、ソニックの喋り方やテンションが忠実に再現されており、素人感をまったく感じさせません。

強いていうなら、もう少しヤンチャな声でソニックを演じてほしかったですね。

それでも、本家の金丸淳一氏に寄せた素晴らしい作品になっています。

ソニックファンからすると少し残念に思うかもしれませんが、ぜひ吹き替え版を見て、中川大志氏の有志を見届けてください……。

【まとめ】映画「ソニック・ザ・ムービー」を見るならU-NEXT!

今回は「ソニック・ザ・ムービー」について紹介しました。

記事を読んで、この作品を見てみたいと思った方は、U-NEXTやTSUTAYA TVを利用して「ソニック・ザ・ムービー」をレンタルしてみてください。

そして、もし「ソニック・ザ・ムービー」を見る機会に、動画配信サービスの利用を検討しているなら、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは初回登録者限定で、「ソニック・ザ・ムービー」を無料視聴できるだけでなく、継続して利用すれば毎月1,200円分のポイントが付与されます。

さらに、U-NEXTで有料作品を購入またはレンタルすると、金額の40%分のポイントが翌月に還元されるので、他の動画配信サービスより有料作品をお得に視聴できるのです。

ぜひこの機に、動画配信サービスでたくさんの動画を楽しんでみてください。

U-NEXT 公式サイトを見るU-NEXT の詳細を見る