力の強い女ト・ボンスンのトップ画像
2017年に放送された韓国ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」

本作では、題名通り驚異的な怪力を持ったヒロインのボンスンが大活躍!

車さえも持ち上げしまう彼女のハチャメチャな日常は、思わず吹き出してしまうようなシーンの連続です。

さらにボンスンとゲーム会社の社長が繰り広げるラブロマンスは、韓ドラ史上最強クラスのラブラブっぷりで表情筋が緩みっぱなしの本作。

当然韓国国内でも高い人気を誇り、「梨泰院クラス」を制作した韓国ケーブルテレビJTBCでも、当時の最高視聴率を記録するなど話題を呼びました。

人気は留まることを知らず、アメリカでのリメイクまで噂される本作。

キュートかつコミカルなボンスンの姿に癒やされること間違いありません。

最近元気ないなという方や、ドキドキするような作品を視聴したいという方には、オススメの一作です。

1話45分 ラブコメ

「力の強い女ト・ボンスン」の評価

Filmarks 4.2
U-NEXT 4.0
TVログ 3.0

U-NEXT で観る

韓国ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」の動画を視聴できるのはU-NEXTだけ

現在「力の強い女ト・ボンスン」が視聴できるのは、U-NEXTだけ!

そのため普段Netflixなど他のサービスで韓ドラを楽しんでいる方は、「ト・ボンスン」を見る際、ぜひU-NEXTを利用してみてください。

またU-NEXTは、「ト・ボンスン」が見られるだけでなく、韓ドラ好きにはピッタリのサービスとしても有名。

ここからは、その特徴も含めて、この記事では紹介していきます。

ぜひ「ト・ボンスン」の視聴、そして今後の韓国ドラマライフのために参考にしてみてください。

U-NEXT

月額料金

2,189円

無料お試し期間

初回31日間

視聴形態 見放題
音声切替 字幕

「力の強い女ト・ボンスン」を独占配信しているU-NEXT

U-NEXTは月額2,189円で、業界最多の21万本以上の作品を楽しめる動画配信サービスです。

近年は韓国ドラマにも力を入れており、配信されている見放題作品数は、こちらも業界最多の700本以上

そしてその中には「力の強い女ト・ボンスン」のように、U-NEXTだけでしか見られない独占配信作品も多数あります。

下の表は、U-NEXTで取り扱っている、独占配信作品の一部です。

※この記事の情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービス公式サイトにてご確認ください。

どの作品も韓国国内で高い人気を誇っていたので、韓ドラ好きであれば、「チェックしておきたい」と思っていた方も多いのではないでしょうか。

そんな方に朗報です!今なら、「力の強い女ト・ボンスン」から上にある作品まで全て無料視聴できます。

じつはU-NEXT初回登録の方であれば、31日間のお試し期間が受けられるので、この期間に視聴すれば実質0円で視聴可能なのです!

もちろん31日間を過ぎれば月額料金が発生するので、日付の確認だけは忘れないでくださいね。

「力の強い女ト・ボンスン」をはじめ、韓国ドラマを楽しみ尽くしたいという方は、ぜひU-NEXTを利用してみてください!

U-NEXT 公式サイトはこちらU-NEXT の詳細を見る

「力の強い女ト・ボンスン」のあらすじ

RPGゲームを作るという夢を持った女の子ト・ボンスン。

一見小柄で普通の女性に見える彼女だが、ある秘密を抱えていた。

じつは彼女、生まれつき驚異的な怪力の持ち主なのだ!
その怪力は、車であれば片手で軽々と持ち上げしまうほど……。

しかしそれほどの力も、実社会では活かす場がなく、未だに就職活動連敗中。

そんなある日ボンスンは、ゲーム会社CEOのミンヒョクに、怪力を見られてしまう。

すると常日頃から脅迫犯に付きまとわれていたミンヒョクは、ボンスンの怪力に惚れ込んだのかボディーガードとしてスカウトしてきた!

悩んだ末にボンスンは、脅迫犯を捕まえれば、ゲームの企画開発チームへ参加させてもらうことを条件に承諾。

ミンヒョクを守る日々がはじまった。

幾度となくミンヒョクのピンチを救うボンスンだったが、ある日脅迫犯に顔がバレてしまい命を狙われることに!?

そしてボンスン最大の危機を迎えるが、その時真っ先に助けてくれたのはなんとミンヒョクで……。

「力の強い女ト・ボンスン」のキャスト紹介

登場人物
(俳優キャスト)
キャラクター
ト・ボンスン
(パク・ボヨン)
生まれつき常人離れした怪力を持つ。ただし悪事に怪力を利用すれば、能力は消滅する。ゲーム会社CEOのミンヒョクのボディーガード。幼馴染であるグクドゥに長年片思い中。
アン・ミンヒョク
(パク・ヒョンシク)
ゲーム会社CEO。立場上命を狙われることが多く、偶然知り合ったボンスンをボディーガードとして採用。次第に彼女の魅力にハマっていく。
イン・グクドゥ
(ジス)
刑事。チェロ奏者の彼女がいる。ボンスンの好意や怪力のことについては、一切知らない。
ナ・ギョンシム
(パク・ボミ)
ボンスンの親友。ボンスンの家で同居するほど仲が良い。連続拉致事件に巻き込まれてしまう。
コン秘書
(チョン・ソクホ)
ミンヒョクの秘書。ボンスンの怪力を疑っていたが、ボンスンの入社試験で腕相撲をしてボコボコにされることに……。。
オ・ドルピョ
(キム・ウォネ)
企画開発チーム1のチーム長。ボンスンを邪険に扱い、度々ボンスンの怪力の餌食に……。
ペク・タク
(イム・ウォニ)
組長兼ペク・タク産業開発の代表。ミンヒョクの父親に借りがある。組員をボコボコにしたボンスンが許せない。
キム・グァンボク
(キム・ウォネ)
ペク・タクの手下。通行人に言いがかりをつけていた時に、ボンスンと遭遇。ボコボコにされる。歯がすべて抜け、全身骨折を負う。

「力の強い女ト・ボンスン」の感想

今や国内外問わず注目を集めている韓国のケーブルテレビJTBC。

「夫婦の世界」や「梨泰院クラス」などのヒット作を、既にご覧になった方も多いのではないでしょうか。

しかしそんなJTBCがここまでの人気を得るようになったのはここ数年の話。
2016年頃までは、視聴率争いでかなりの苦戦を強いられていました。

そんな中、JTBCがはじめて出したヒット作と言っても過言ではないのが、2017年に放送された「力の強い女・ト・ボンスン」

同時間帯視聴率NO1の獲得、JTBCの歴代最高視聴率の更新など、JTBCのドラマの魅力を国内外に証明した作品となっています。

では、そんな「力の強い女ト・ボンスン」にはどんな魅力があるのでしょうか?

そこで今回は、本作が持つ3つの魅力に感想を交えながら紹介していきたいと思います!

それではまずは、1つ目から参りましょう。

ラブコメのセオリーを無視したラブコメ

「力の強い女ト・ボンスン」という、本作の題名を見て、「変なの」と思った方、その直感はあながち間違っていません。

このドラマは、かなり「変」です。正確には、「変」というよりも、秩序がなく、他の韓ドラのセオリーが通用しない作品と言った方が正しいでしょう。

その証拠に、ラブコメでありながら、かなりコメディ要素がかなり強い本作

「ラブコメなんだし、コメディ色強くて当たり前じゃない?」と思う方がいらっしゃるでしょうが、ボケの内容と質が、他の韓ドラと一線を画します。

最近の韓ドラといえば、登場人物たちのキャラクターをうまく利用した会話から生まれる笑いを楽しむ作品が主流。

一方で本作は、小学校低学年が好きそうな単純かつ下品なボケが、何の脈略もなく放り込まれてきます。

怪力少女ボンスンはもちろんのこと、脇役A~Zまで全員ボケ倒す。わかりやすく日本の作品に例えると、映画「銀魂」などを手掛けた福田雄一さんの作品内に近いです。

そのため最初は「え……、ラブコメだよね?」と面食らうはず。ところが気づいたらト・ボンスンたちを見ながらゲラゲラとお腹を抱えて笑ってしまいます。

さらに本作ラブコメとしても、かなりドキドキするようなシーンが多く、コメディシーンと合わせて表情筋が緩みまくる一作

「とにかく楽しい作品が見たい!」とか「心が疲れて、何も考えずに見られる作品を楽しみたい」という方にはオススメですよ!

視聴者を飽きさせない後半戦

ここまで本作がいかに、にぎやかな作品なのかを紹介してきました。

ただし本作が人気の理由は、それだけではありません。

実は本作中盤以降のサスペンスシーンもハイクオリティな作品

しかも、前半と打って変わってかなり緊張感のあるシーンが続きます。

そのため犯人を追うボンスンとミンヒョクの姿に手に汗握ること間違いありません。

ただしだからと言って後半ラブコメの魅力が失われることは一切ないので、その点は安心してください。

というよりも緊張感のあるサスペンスとの対比で、より二人のラブロマンスやコメディシーンが栄えています。

ドラマを成立させたパク・ボヨン

そして3つ目の魅力は、ヒロインを務めたパク・ボヨン

本来私は、人それぞれに好みがあるので出演者には言及しないスタイル。

しかし本作に関しては、主演を務めたパク・ボヨンの演技に触れないのは不可能です。

というのもお世辞にも、作り込まれた脚本とは言えない本作。

なんならおもしろいものを詰め込んだだけのような作品、とも言えます。

そのため一歩間違えば、まとまり切らずに「結局この作品なにがしたかったの?」となりかねません。

ところがそんな本作を、これまでにないラブコメの形としてまとめあげ、多くの視聴者を惹きつけたのは、やはり主演パク・ボヨンの演技力があってこそでしょう。

ボンスンの様々な側面を演じ分け、韓国でも格式の高いソウルアワードや百想芸術大賞などにも複数ノミネートされたことからも、いかに彼女の演技が素晴らしかったのか伝わるはずです。

もはや彼女なしでは、本作がここまでヒットすることはなかったと言っても過言ではありません。

作品の魅力とともに、このハチャメチャな作品をまとめあげたパク・ボヨンの演技に注目しながらぜひ楽しんでください!

【まとめ】「力の強い女ト・ボンスン」を見るならU-NEXT

ここまで「力の強い女ト・ボンスン」について紹介しましたが、いかがでしたか?

生まれつき驚異的な怪力を持った少女と、ゲーム会社CEOの恋模様をコミカルに描いた本作。

他の韓ドラにはないような、思いっきり笑いに振り切ったドラマ「力の強い女ト・ボンスン」の魅力をより多くの方に感じて頂きたいです。

そしてこの記事を読んで、本作に少しでも興味を持ってくださった方は、「ト・ボンスン」が独占放送されているU-NEXTを利用してみてください。

初回登録であれば31日間無料で利用できるため、期間内に視聴すれば実質0円で本作を楽しめます。

ぜひこの特典を見逃すことなく、ラブリーかつコミカルな「力の強い女ト・ボンスン」の魅力を存分に味わってください!