海外ドラマ「ハンドレッド」

「THE 100(ハンドレッド)」は2014年からアメリカの CW テレビジョンネットワークで放送された SF ドラマシリーズです。

「THE 100(ハンドレッド)」はカス・モーガンの小説シリーズ「The100」シリーズが原作で、ジェイソン・ロゼンバーグの手によってドラマ化した作品となっています。

地球上のほとんどの生命を絶滅させた核戦争後、地球員は宇宙ステーション「アーク」へ逃げ込み2,400人の生存者が生活していた。

しかしアークの生命維持装置に重大な障害が発見され、100人の18歳未満の囚人たちが、「ハンドレッド計画」という名のもとに地球での居住が可能か確認するために地球上に送り込まれるというストーリーです。

「THE 100(ハンドレッド)」は残念ながら日本では放送されていなかったため、一般的には知名度が高くありませんが、アメリカでの人気から海外ドラマファンの間では有名で、オススメのSFドラマとして挙げる人も多い作品です。

ここでは、そんな海外ドラマファンに人気の SF ドラマ「THE 100(ハンドレッド)」が視聴できる動画配信サービスをご紹介しましょう。

※この記事の情報は2018年8月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービス公式サイトにてご確認ください。

「THE 100(ハンドレッド)」の動画が視聴可能な動画配信サービス

1. TSUTAYA TV

TSUTAYA TV

月額料金 933円(税抜)~
無料お試し期間 初回30日間
TSUTAYA TV で視聴可能な動画 <有料配信>(吹き替え)
シーズン1~3 各話150円~
シーズン4 各話200円~

【全話パック】
「シーズン1」1,560円~
「シーズン2」1,920円~
「シーズン3」1,920円~
「シーズン4」2,080円~

大手レンタルビデオショップである TSUTAYA が運営する動画配信サービス TSUTAYA TV では、有料ですが「THE 100(ハンドレッド)」の動画が配信中です。

音声は吹き替え版のみとなりますが、シーズン1~シーズン3までは各話あたりの値段が他の動画配信サービスより少し安く、さらにお得な全話パックも配信されています。

TSUTAYA TV は家に居ながら動画を視聴できるサービスなので、普段から TSUTAYA のレンタルを利用している人にはオススメの動画配信サービスです。

TSUTAYA TV 公式サイトを見るTSUTAYA TV の詳細を見る

2. dTV

dTV

月額料金 500円(税抜)
無料お試し期間 初回31日間
dTV で視聴可能な動画 <有料配信>(字幕・吹き替え)
シーズン1~4 各話200円~

携帯電話やスマホで有名な NTT ドコモが運営する動画配信サービス dTV でも有料で「THE 100(ハンドレッド)」の動画が配信されています。

dTV では「THE 100(ハンドレッド)」の動画が各話200円というリーズナブルな料金で視聴できる上に、字幕版・吹き替え版を選んで視聴することが出来ます。

dTV はキャリアフリーの動画配信サービスなので、NTT ドコモに加入していなくても利用できる動画配信サービスなので、月額料金500円という安価で色々な動画を楽しみたい人にはオススメの動画配信サービスです。

dTV 公式サイトを見るdTV の詳細を見る

3. U-NEXT

U-NEXT

月額料金 1,990円(税抜)
無料お試し期間 初回31日間
U-NEXT で視聴可能な動画 <有料配信>(字幕・吹き替え)
シーズン1~4 各話270円~

日本の動画配信サービスの中でも1位2位を誇る配信動画数と配信ジャンルが自慢のU-NEXT

電子書籍も配信しているのが U-NEXT の特徴です。

そんな U-NEXT でも「THE 100(ハンドレッド)」の動画は有料ですが、シーズン1~シーズン4まで字幕版・吹き替え版を選んで視聴することが出来ます。

U-NEXT は動画の配信数が多くジャンル数にも富んだサービスなので、一人でも家族でも楽しめるようになっているのでたくさんの動画を楽しみたい人にはオススメの動画配信サービスです。

U-NEXT 公式サイトを見るU-NEXT の詳細を見る

4. ビデオパス

auビデオパス

月額料金 562円(税抜)
無料お試し期間 初回30日間
ビデオパス で視聴可能な動画 <有料配信>(吹き替え)
シーズン4

スマホや携帯電話で有名な au が運営する動画配信サービスのビデオパスでも「THE 100(ハンドレッド)」の動画が配信されています。

しかし配信されているのは最新シーズンであるシーズン4のみで、音声も吹き替え版のみとなっています。

他に視聴したい動画がある場合はともかく、「THE 100(ハンドレッド)」の動画をメインに視聴したい場合は他の動画配信サービスをオススメです。

ビデオパス 公式サイトを見るビデオパス の詳細を見る

「THE 100(ハンドレッド)」のあらすじとキャスト

「THE 100(ハンドレッド)」の物語は核戦争で地球上の生命が滅んだ97年後の未来の話。

宇宙ステーション「アーク」に逃げ込んだ人類が人口増加による危機を迎えようとしていた。

そこでは軽い犯罪でも即死刑という法律が作られている、とんでもない世界。

さらに追い打ちをかけるように「アーク」内の生命維持装置に異常が見つかり、人類は追い詰められる一方といった状況から物語が始まる。

「アーク」の議会は100人の若者の囚人を集めて、地球が現在どうなっているのか、生活可能なのかを調査させるために地球に送り込む。

現在の地球がどうなっているのか、はたして人類が生存可能な環境となっているのか、そんなことは誰にもわからない。

はたして、地球にたどり着いた若者たちに待ち受ける展開はいかに!

「THE 100(ハンドレッド)」のキャスト

役名 キャスト キャラクター
クラーク・グリフィン イライザ・テイラー アビーの娘。
頭脳明晰で真面目で正義感の強い性格。
アビー・グリフィン ペイジ・ターコー 「アーク」の議会メンバーの一人。
地球に送り込まれたクラークの身を案じている。
リンカーン リッキー・ウィトル グラウンダーとして危険視されている。
なぜかオクタヴィアだけを助けようとする。
セロニアス・ジャハ イザイア・ワシントン 「アーク」の議長でリーダー。
若者たち100人を地球に送る決断を下す。
マーカス・ケイン ヘンリー・イアン・キュージック 「アーク」の議会のNo.2。
「アーク」存続のためならいかなる犠牲もいとわない。
フィン・コリンズ トーマス・マクドネル クラークの良き理解者。
頼れる性格だが、向こう見ずな一面もある。
オクタヴィア・ブレイク マリー・アヴゲロプロス ベラミーの妹。
「アーク」内の床下に16年間隠れて生活していた。
ベラミー・ブレイク ボブ・モーリー 「アーク」でジャハ議長を襲撃した本人。
地球に送り込まれた100人のリーダー的存在。
ジャスパー・ジョーダン デヴォン・ボスティック 陽気なムードメーカー。
オクタヴィアに恋心を抱いている。
モンティ・グリーン クリストファー・ラーキン ジャスパーの幼馴染で親友。
エンジニア志望で機械類に強い。
レイヴン・レイエス リンゼイ・モーガン 「アーク」の整備士。
アビーの依頼でフィンのいる地球へ向かう。

海外の人気ドラマ「THE 100(ハンドレッド)」の見どころはここ!

「THE 100(ハンドレッド)」はあの有名海外ドラマ「ゴシップガール」や「ヴァンパイア・ダイアリーズ」などを手がけた制作陣の作品ということで前評判も高く、第1話から怒涛の展開の連続で一気に作品に引き込まれます!

特に若手俳優の演技力に注目!

「THE 100(ハンドレッド)」はイライザ・テイラーやボブ・モーリーなど多くの若手俳優を集めていることから、アメリカではティーンエイジャー向けに制作されたSFサバイバルとして話題です。

特にイライザ・テイラーが演じるクラーク・グリフィンは地球に送り込まれた100人の囚人たちのリーダーで、時には仲間たちと衝突もしたりしますが、頭の回転が早く統率力もあるという役柄。

若者たちをまとめるかっこいい姿は必見です!

同様にボブ・モーリーもその鍛え抜かれたたくましい肉体と、若者たちの中では比較的年長者に当たることから頼られることも多く、頼れる兄貴といった感じで非常に魅力的。

これらの若手俳優の演技力を中心に、引き込まれるSF展開にワクワクドキドキさせられるのが「THE 100(ハンドレッド)」の魅力です。

そして地球に送り込まれた囚人たちにどのような運命が待ち受けているのか、あまり類を見ない展開の作品なので、見る人を選ぶ作品かもしれませんが、異世界のSFものなんかが好きな人にはオススメの作品となっています!

おすすめの人気海外ドラマ「THE 100」が視聴できる動画配信サービスまとめ

「THE 100(ハンドレッド)」は2014年から始まり現在はシーズン5まで継続中のアメリカの人気 SF ドラマです。

残念ながら「THE 100(ハンドレッド)」は日本の CS や地上波では放送されていませんが、海外ドラマファンには高評価の作品なので、大変オススメです。

「THE 100(ハンドレッド)」は TSUTAYA TV、dTV、U-NEXT で配信されています。

現在日本ではシーズン4までで58話という視聴しやすい話数となっているので、いずれどこかで配信されるであろうシーズン5の配信が始まる前にシーズン1~シーズン4までを視聴してみてはいかがでしょうか?