au ビデオパス

au ビデオパスとは、携帯会社の au と KDDI と沖縄セルラーが運営している動画配信(VOD)サービスです。

月額料金562円(税抜)という安さに加え、映画館とのコラボで割引・試写会チケット・グッズプレゼントなど特典多数!

動画以外のところでも十分元の取れるお得な動画配信サービス、そんなビデオパスを詳しくご紹介していきましょう。

au ビデオパスの3つの特徴

料金体系 562円(税抜)、一部作品個別課金
無料期間 初回30日間無料お試し期間
配信動画数 10,000本以上

1、月額料金の安さ

まず最初に注目したいのは、VOD サービス業界トップクラスの安さを誇る月額562円(税抜)という点です。

料金だけで言えば、他社の VOD サービスの中でも最安価である dTV の500円(税抜)と比較しても気にならないほどの月額料金設定ですね。

配信動画数は約10,000本と他社の VOD サービスと比較すると少なく感じるかもしれませんが、ビデオパスで配信されている動画は各ジャンルの最新作や「スターウォーズ」や「パイレーツオブカリビアン」などの誰もが知っている定番の作品をしっかり押さえた万人向けのラインナップ。

なので、「見たい作品が少ない」なんて感じることはあまりないと思います。

配信体系は対象動画が見放題になる月額見放題プラン + 新作映画や一部の動画が PPV(ペイ・パー・ビュー)と呼ばれる個別課金が必要という、動画配信サービスでよくある課金方式ですね。

2、見放題プランに入ると新作映画一本分相当のポイントが付与される

見放題プランに加入すると毎月月初めに540円分相当の「540ビデオコイン」が付与されます。

これを使えば毎月有料の新作映画を一本視聴できるので、月額料金がほぼビデオコインとして返ってくると考えてもいいでしょう。

3、映画の割引クーポンが何度も使える

映画館とのコラボによる割引と特典が非常にお得!

月初めの付与ポイントと映画の割引という料金以上のサービスを受けられるのがビデオパスの特徴なのです。

ただ、名前から分かるように au ビデオパスは au のキャリアユーザー向けのサービスであり、au ユーザー以外登録できない限定のサービスというのが惜しい所ですね。

au ビデオパス 公式サイトへ

ビデオパスの評判の配信動画ラインナップ

映画はもちろん洋画に邦画、海外・国内・韓国ドラマも押さえていて、アニメも新作から話題のものが配信されています。

それ以外にもアンパンマンやクレヨンしんちゃんなどのキッズ向け作品や特撮番組、お笑いなどのバラエティ、さらには宝塚歌劇まであってラインナップは幅広く取り揃えられているので、家族での視聴にも最適です。

ドラマやアニメの見逃し配信もあるので、リアルタイムで視聴できなくても話題の最新作品をしっかり追うことができます。


※海外作品は日本語字幕版と吹き替え版の2種類があるので注意が必要です。
ビデオパスでは動画の視聴中に字幕や日本語吹き替えの切り替えができないので、海外作品をレンタル購入する前に、検索リストに表示される上の画像の赤枠部分(タイトルの末尾)を必ずチェックしましょう。

au ビデオパスオリジナル作品にも注目

仮面ライダー45周年記念として制作された「仮面戦隊ゴライダー」はここでしか見ることのできないビデオパスオリジナルドラマです。

特撮ファンの方は必見ですね!

他にも、あの仲間由紀恵・阿部寛主演の人気ドラマシリーズ「TRICK」のスピンオフ作品「警部補 矢部謙三~人工頭脳 VS 人工頭毛(ずもう)~」もビデオパスとテレ朝動画でしか見ることができないオリジナルコンテンツなのでこちらもオススメです。

もちろん、「TRICK」本編もビデオパスで視聴することができるので、ファンの方はぜひビデオパスで視聴してみてはいかがでしょうか?

アダルト作品も見られるけど・・・

ビデオパスでは他にもアダルト動画が配信されていますが、かなり条件が多くて複雑となっています。

まず、視聴の際にSTW 2000という機器が必要になってくるのですが、これはau ひかりを視聴するために必要な機器なので、au ひかり(月額1,980円)に登録しなければレンタルすることができません。
※Smart TV Box でも視聴可能ですが、こちらもケーブルテレビの加入が必要になります。

また、STW 2000もレンタル品なので月額500円別途に必要になります。

ここから更にビデオパスの R-20 見放題プラン(月額2,500円)に登録が必要となるので、全部合わせると5,000円を越えてしまうでしょう。

ここまでやって、ビデオパスで見られるアダルト動画は約120本ほどと作品数的にも物足りないので、アダルト動画を観たい人は U-NEXTや DMM 見放題 ch ライトを利用することをオススメします。

au ビデオパス 公式サイトへ

au ビデオパスの3つの料金プラン

au ビデオパスには3つの料金プランがあります。

どのプランも特徴があるので、自分に合った料金プランを選ぶといいでしょう。

1. 見放題プラン

月額562円(税抜)で最新の映画や TV ドラマが見られて、もちろん見逃し配信サービスにも対応しています。

対象作品が見放題 + 新作約1本分の540ビデオコイン付与、初回登録から30日間無料お試し期間があるので、au ビデオパスに初めて登録する方はまずはこのプランで試してみることをオススメします。

2. レンタル制プラン(個別課金)

こちらは月額料金が不要で、作品ごとに異なりますが1作だいたい200~500円で新作・人気作品を個別にレンタルできます。

個別課金の際の支払い方法は、ビデオコイン、au WALLET カードや au WALLET ポイントも利用可能となっています。

※ビデオパスでは個別課金が必要な動画のことをレンタルと呼んでいます。
※au ID に紐づく年齢情報が15歳未満の場合はこのプランの利用はできません。

3. R -20見放題プラン

月額2500円(税抜)で対象のアダルト作品を約120本視聴可能なプランです。

ただし、こちらのプランは STW 2000または Smart TV Box のどちらかの機器が必須となります。

どちらも au ひかりやケーブルテレビなどの加入が必須で、別途料金が必要なのでご注意ください。

自動更新や料金発生のタイミング

毎月1日の0時に自動更新が行われ、料金が発生するシステムです。
加入月は日割り計算での料金となるので、どのタイミングで登録しても問題ありません。

また au スマートパス会員なら、見放題プラン作品の中から一部の作品を無料作品を視聴することができます。
スマートパス会員の方は、まずはこれでビデオパスを体験してみるのもいいですね。

au ビデオパス 公式サイトへ

ビデオコイン(videoコイン)ってなに?

ここでビデオコインについて説明しておきましょう。

ビデオコインとは、ビデオパスのレンタル作品購入に「1コイン=1円分」として使えるビデオパス独自のポイントです。

有料のレンタル作品の視聴方法の一つとして、ビデオコインを利用することでお得にレンタル作品を楽しむことができます。

原則として、レンタル作品の購入の際にビデオコインと au かんたん決済を併用することはできないので、もし不足した場合はその場でビデオコインを買い足すようにしましょう。

ビデオコイン入手方法

コインを購入する

ビデオパスの公式ページから購入します。

また、レンタル作品を購入する際、ビデオコインが不足していると購入ボタンが表示されるので、そこからご希望の金額分のビデオコインを購入することもできます。

ビデオコイン料金表

ビデオコイン数 料金
100ビデオコイン 100円
300ビデオコイン 300円
600ビデオコイン 600円

※購入コインの有効期限は購入した日の5ヶ月後の末日です。

レンタル作品を購入時、金額に応じてビデオコインが還元される

通常は3%還元ですが、キャンペーンによってはそれより多く還元されること(還元率は購入画面に表示)があります。

※還元されるビデオコインの有効期限は付与された日の翌月末日ですが、キャンペーン時はキャンペーンの有効期限が優先されます。

見放題プランに加入し、加入特典のビデオコインをもらう

見放題プランに加入していると、毎月540ビデオコインが付与されます。

※見放題プランの特典コインの有効期限は課金開始初月が60日間で、課金開始2ヶ月目以降はコインが毎月月初に付与されて有効期限は付与日の翌月末迄です。

キャンペーンを通してコインをもらう

ビデオパスではお得な随時キャンペーンを実施しています。

キャンペーンの特典としてビデオコインがプレゼントされるものもあるので、ビデオパスのアプリやビデオパス公式サイトをこまめにチェックしてキャンペーンを見逃さないようにしましょう。

au ビデオパス 公式サイトへ

配信情報・キャンペーン情報・特集情報・ビデオパスの公式情報を手に入れよう

ビデオパスで行われる様々なキャンペーン情報を逃さないためにも、公式の情報はこまめにチェックしておきたいですね。

ビデオパスでは、ビデオパス naviビデオパス MAGAZINE 、公式 Twitter からいろいろな情報を配信しているので、しっかりチェックしましょう。

  • ビデオパス navi

    配信予定のスケジュールや特集情報、配信動画のニュースなどビデオパスの情報が手に入る公式ページ。
    ビデオパス会員特典などお得な情報も掲載されているので、ビデオパス会員の人はこまめに目を通しておくといいでしょう。

  • ビデオパス MAGAZINE

    ビデオパスで配信されている作品の特集やコラムが掲載されています。
    シリーズ物の新作を見るときはここでシリーズの特集チェックして復習しておくとより楽しめるでしょう。

  • ビデオパスの公式 Twitter(‎@au_videopass)

    こちらは配信カレンダーを確認することはできませんが、注目作品や配信を開始した作品・キャンペーンなど、会員特典の情報をいち早くチェックできるようになっています。

どうしても見たい作品があるならリクエストしちゃおう!

情報以外にも、公式ウェブサイトから動画のリクエストなんてこともできます。

ビデオパスでは配信されていないあの作品をどうしても見たい、という時にリクエストすれば、配信されるようになるかもしれません。

もちろん、必ず配信されるというわけではないのですが、何度かリクエストを繰り返してみるといいでしょう。

au ビデオパス 公式サイトへ

ビデオパスの映画割引キャンペーンのクーポン券で映画が格安で観れる

ビデオパスで特に注目したいのが、このビデオパス会員特典の一つである映画の割引特典です。

現在、ビデオパスは TOHO CINEMAS と UNITED CINEMAS CINEPLEX の2つの映画館とコラボを実施していますが、この割引が非常にお得です。(2017年9月現在)

「au マンデイ」TOHO CINEMASで毎週月曜日は映画の日

TOHOCINEMAS(トーホーシネマズ)ではビデオパス会員特典の「au マンデイ」で、毎週月曜日映画の大人権料金が1800円から1100円の700円割引になります。
(同伴者1名分まで割引可)

その上、購入したチケットとクーポン券を提示すればポップコーンセットも半額(670円→320円(税込)で購入できるので、両方利用すれば1050円分もお得です!

この割引は1度だけでなく、キャンペーン期間中なら毎週月曜日に利用可能なので、学校や仕事帰りにちょっと映画館まで足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。

映画の割引表(au マンデイ)

利用者 料金(通常料金→割引後の料金)
大人 1,800円→1,100円
大学生 1,500円→1,100円
高校生以下 1,000円→900円

※3D作品、DOLBY ATMOS、MX4D、IMAXなどの特別料金作品は追加料金が必要です。
※一部通常の値段と異なる劇場があります。
※プレミア料金などの特別料金の座席にはご利用できません。

「au シネマ割」UNITED CINEMAS CINEPLEXでは映画が毎日割引

UNITED CINEMAS CINEPLEX(ユナイテッドシネマ)ではビデオパス会員特典の「au シネマ割」で、毎日1400円で映画を見ることができます。
(1枚のクーポン券で3人分まで購入可能)

さらに、ポップコーンも100円引きになる割引クーポン券が貰えるので、映画のお供に是非セットで購入しちゃいましょう!

こちらもキャンペーン期間中なら毎日利用可能なので、気になる映画が公開されるたびに利用していきましょう。

映画の割引表(au シネマ割)

利用者 料金(通常料金→割引後の料金)
大人 1,800円→1,400円
大学・高校生 1,500円→1,300円
シニア 1,100円→1,000円
中学生以下・障がい者 1,000円→900円

※3D作品、4DX作品、4DX3D作品、ScreenX作品などの特別料金作品は追加料金が必要です。
※一部通常の値段と異なる劇場があります。
※本割引対象外:IMAX®デジタルシアター、プレミアペアシート等の特別料金が設定されているシート。

映画を1~2回利用するだけでビデオパスの月額料金分以上のサービスを受けられるので、映画をよく観る方にはビデオパスがオススメ!

動画をあまり見ないという方でも映画好きならこの特典は魅力的なので、この特典目的でビデオパス会員になるのも悪くありませんね。

au ビデオパス 公式サイトへ

ビデオパスの画質や機能について

ダウンロード再生は可能

ビデオパスはあらかじめ端末に動画を保存できる(保存先は端末内、またはSDカード)ダウンロード視聴が可能となっているので、wifi 環境で動画をダウンロードしておけば、外で視聴する際にデータ通信量や速度制限、通信環境を気にすることなく動画を楽しむことができます。

通勤前や出かける際には、あらかじめ見たい動画をダウンロードしておくといいでしょう。

もちろん「レジューム機能(シームレス再生)」と呼ばれる、中断した動画を別のデバイスに変更した時にすぐに同じ場所から再生できる、という便利な機能も用意されています。

これで外出中に途中まで見た動画を、帰宅後すぐに続きから再開することもできますね。

ダウンロード(DL)再生を行う際の3つの注意点

  • どの動画がダウンロード再生できるか、その作品詳細ページに行かないと分かりません。
  • レンタル作品・見放題作品共に、ダウンロードして保存しておける期間が決まっています。
    保存期間が過ぎると自動的に削除されてしまうので注意しましょう。
  • 保存期間内でも、ビデオパスを解約(退会)した場合は視聴できなくなってしまいます。

マルチデバイス対応だけど、同時再生はできない

ビデオパスは複数端末で再生できるマルチデバイス対応ではありますが、残念ながら複数再生による同時視聴はできないようになっています。

なので、家族など複数人でビデオパスのサービスを共有する事は難しいです。

もし家族で共有したい動画配信サービスをお探しでしたら U-NEXTNetflix をご利用することをオススメします。

画質は最大 HD 画質で視聴可能

気になる方も多い画質ですが、ビデオパスでは SD 画質HD 画質の2種類のみとなっています。

任意で画質設定を切り替えたりすることもできないので、配信デバイスや環境によってはちょっと画質が荒くなることもあるかもしれません。

フル HD が主流となってきている現在では「ちょっと画質が気になる」という人も出てくるかもしれませんが、そこは今後のバージョンアップに期待したいところですね。

au ビデオパス 公式サイトへ

ビデオパスの料金支払い方法

ビデオパスの決済方法ですが、見放題プランに関しては au のキャリアサービスの一つなので「auかんたん決済」のみ利用可能となっています。

「かんたん決済」のみ可能ということなので、au ビデオパスはクレジットカード不要。

スマホ料金と一緒の請求となるので新たに銀行口座番号を打ち込む必要もなく、個人情報の漏洩も限りなく低い安心サービスですね。

また、レンタル購入での個別課金に限っては au WALLET カードを使った支払いも可能となっています。

au ビデオパス 公式サイトへ

ビデオパス のメリット・デメリット

ビデオパスのメリット

  • 映画館がお得に利用できる

    動画がメインだけではなく、割引があるので映画館でよく映画を見たい人にはオススメのサービス。

  • dTVに次ぐ月額料金の安さ

    月額料金はdTVと比較してもそれほど差がないほど安価で、毎月付与される540ビデオコインを使えば実質月額100円以下で見放題プランを楽しめる。

  • 映画館とのコラボで映画が安く見られる

    月曜日に一回映画を見てポップコーンセットを頼むだけで月額料金の元が十分取れる。

  • 毎月付与されるビデオコインと映画館の割引、両方で月額以上の恩恵が受けられる

    月初めに付与されるポイントで新作作品をレンタルしてもほぼ元が取れ、映画も1~2回割引すればそちらでも元が取れる。
    つまり、両方利用すれば得しかない!

  • au まとめて決済で支払いが簡単、クレジットカードがなくてもOK

    かんたん決済で支払いができるので、未成年でも au の携帯電話やスマホを利用しているユーザーなら誰でも登録可能。

  • オフライン再生ができるので、外でも安心して動画が楽しめる

    あらかじめ動画をダウンロードしておけば外でも気軽に動画を楽しめる。
    これで退屈な通勤通学時間を楽しく過ごしましょう!

ビデオパスのデメリット

  • au 以外のキャリアユーザーは利用できない

    残念ながら au 以外のソフトバンクやドコモのキャリアユーザーは利用することができません。
    この点だけは非常に残念ですね。

  • 動画数が少ない

    他社の動画配信サービスでは少なくとも配信動画数が2万本、多い所では10万本を超えている中で、1万本はやや物足りない配信数。
    各ジャンルのメジャーどころはおさえていますが、マイナーな作品など、一つのジャンル目的で利用するには物足りないラインナップ。

  • ビデオコインは付与された種類によって有効期間が違うので分かりづらい

    購入したコインは5ヶ月後の末日。
    レンタル作品を購入した時に付与されるビデオコインの有効期間は翌月末。
    見放題プランで毎月付与される540コインは課金開始初月は60日間、課金開始2ヶ月目以降のコインは月初めに付与され翌月末までとなっています。

au ビデオパス 公式サイトへ

ビデオパスの対応機種・デバイス(対応端末)

ビデオパスを視聴できる端末(デバイス)は以下の表に記載された種類になります。

ゲーム機での再生はできず、他社の VOD サービスに比べると対応端末が少なく感じますが、スマホやパソコンではしっかり再生できるので問題ないでしょう。

テレビ
メディアプレーヤー
Panasonic VIERA(ビエラ)

Chromecast
Apple TV(第4世代)
Smart TV Box
Smart TV Stick
STW2000

スマホ
タブレット
iOS7.0以上の
iPhone・iPad・iPad mini・iPad Pro

Android 4.0以降の
au スマートフォン・タブレット

パソコン(Windows) OS:
Microsoft Windows 7以降
x86またはx64 1.6GHz以上のプロセッサ、および512MB以上のRAM

ブラウザ:
Internet Explorer 11.0以降
Firefox 3.6以降
Chrome12以降

ソフトウェア:Microsoft Silverlight 5 以上

パソコン(Mac) OS:
Mac OS X 10.5.7以降
Intel Core Duo 1.83GHz以上のプロセッサ、および512MB以上のRAM

ブラウザ:
Safari 4以降
Firefox 3.6以降

ソフトウェア:Microsoft Silverlight 5 以上

au ビデオパス 公式サイトへ